悉皆 繰り回し

シミだらけの麻着物を洗ってみたら

追記 チアキ先生の『本麻の洗い方!と注意すること!』をぜひご覧ください。


以下は私が洗ってみた体験談ですが、私の着物の絣は「化学染料」だったようで、洗剤や酸素系漂白剤も大丈夫でしたが、もしこれからお洗濯をされるお品が「草木染め」「天然染料」でしたら色落ちするみたいですので、くれぐれもご注意ください。



木綿や麻の着物は自宅で洗えますが、あまり洗濯が得意じゃない自分は出来ればプロにお任せしたいほうです。

自宅に産地不祥のラミー(苧麻の紡績糸)の麻着物があるんですけど、古いお品でシミというか茶色のアクが全体的に拡がっています。着物自体は気に入っているので、なんとかして着用可能まで持っていきたいのです。プロに頼む前に先日、思いきって自分で洗って染み抜き、漂白をしてみましたので備忘録として書かせていただきます。

最初はこんな状態。きつい茶色のアクが点在していて、着用はとてもじゃないけど厳しい💦

IMG_6801

ではドキドキしながら作業開始。たかはし着物工房さんのサイトで注文した「くるくるザブザブ」(ネットdeきれいパンツ用)に麻着物をたたんで、くるくる巻いてセットしました。

FullSizeRender

洗剤と漂白剤は、ちと奮発して無添加の製品にしました。右の酸素系漂白剤は粉末です。

FullSizeRender

洗濯機に麻着物を入れて、洗剤と酸素系漂白剤を適量投入します。洗濯機のモードは通常の洗濯と同じ「標準」にしました。なぜなら紡績糸なので布の強度は結構強い気がしたからです。ただし水量をマックスにして、他の洗濯物を入れずに単独で洗いました。洗濯機で40分ぐらいしっかり洗って、最後の脱水だけ早めにきりあげました。

期待しながら出来上がった着物を拡げてみたのですが、うーんシミの取れ具合は70パーセントぐらいかな。まだところどころ茶ジミが点在しているし、酸素系漂白剤をしっかり入れたわりには地色の白もくすんでいる感じ。やっぱり酸素系は優しすぎるのかな? 白くするなら塩素系? いやいやいやいや塩素系などを使ってしまうと絣の染料まで消えてしまうからアカン!

そこで改めてネットで酸素系漂白剤の正しい使い方を調べてみましたら。

FullSizeRender

ええーっ、マジで⁈  酸素系漂白剤ってお湯を使わないと意味ないん⁈  これは私は知りませなんだー!皆さんご存知でしたか?

ということで、もう一度チャレンジしました。麻着物自体はラミー(苧麻の紡績糸)なので洗濯機でガンガン回しても大丈夫でしたので、今度は100均で購入した大きなネットに簡単に畳んで入れました。

FullSizeRender

先ほどと同じ洗剤、酸素系漂白剤をイン。そして40度に熱したお湯を洗濯機に投入しました。湯量は適量で。「標準モード」で40分間ガンガン回して、脱水は早めに切り上げました。

FullSizeRender

さてさて結果は如何に。

なんと素晴らしい!大成功!のひと言につきます。アクとシミだらけで廃棄も視野に入れていた汚着物でしたが、純白の地色が眩しいほどに輝いてピカピカ、もちろんシミも全部とれて新品同様に蘇りました。

これで仕立て直しが出来ます。いったん全部解いてパーツにしてアイロンをかけました。めっちゃ綺麗になってテンションあがります♪

FullSizeRender

今回、どんくさい私には珍しい成功体験でしたので、どなたかのご参考になればと思い書きました。ただし、くれぐれも同じ麻着物でも手績みの繊細な上布は洗濯機ではなく、手洗いでお願いします!

また、布の収縮にかんしては今回データをとっておりません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

悉皆の文字商店さんツアーへ

「歌舞伎鑑賞教室」観劇のあとは、南座のお向かいにある菊水でランチをいただきました。一等地に建つ老舗ですが、予約しなくても大人数を受け入れてくれる気楽なレストランです。ランチを食べているとき「実は私、これから悉皆(しっかい)の文字商店さんに、めざしさんと一緒に行くんです」と申し上げたら、「私も行ってみたい」「連れていってほしい」というお声があがりました。急遽、文字商店ツアーを敢行することになり、7名で訪問してきました。

染み抜き、お手入れ、お仕立てなどの悉皆業のほか、新品やリユース委託の着物や帯や反物を格安で販売してたり、丹後ちりめんの帯揚げや、バッグのオーダー、半額コーナーなどがあったりと、長く居れば居るほど、なぜか「掘り出し物」が見つかる不思議な空間なんですよね(笑)

皆さん「宝探しみたいで楽し〜い♪」と、おっしゃりながら、お気に入りをみつけて購入されてましたよ。もちろん悉皆にかんするご相談もなさってました。文字さんは名門なのに威圧感が無くて懐が広いから、お値段を含めて何でも聞けちゃうんですよね(笑)

IMG_6214

文字さんのブログにもこの日のことを書いてくださってます。

実は年末に科布の帯を購入して、文字商店さんにお仕立てをお願いしていました。この日、出来上がってきたので引き取りました。科布の帯といえば盛夏に締めるイメージがあるかもしれませんが、通年OKなんだそうです。

さっそく今日、焦茶色の結城ちぢみ単衣に合わせて締めてみました。

FullSizeRender

お太鼓ゆがんどるな😅

FullSizeRender

こちらの科布は八寸ではなく、九寸名古屋の開き仕立てで作りがしっかりしている(軽くない)ので、盛夏よりも通年のほうが向いてるような気がします。しかもひっくり返すと柄が入っていてリバーシブルなんですよ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

京都の悉皆・文字商店さんに行ってきました

昨日は降りしきる激しい雨のなか、京都の悉皆・文字商店さんに行ってまいりました。

文字さんとご一緒にお写真を。私が着ている久米島紬は文字さんを通じてマダムSさんから戴いた逸品で、もちろん文字さんで仕立て直していただきました。手蜘蛛絞りの小紋から長羽織に仕立て直してくださったのも文字さんです。

FullSizeRender

いつも文字さんに行くときは、おかんさん達と一緒なのですが、昨日は珍しく1人で伺いました。1人で行ったのは、7年前に私が初めて文字商店さんに行ったとき以来です。その時の記事です↓

文字さんに出会わなければ、こんなに自由に安くで着物を楽しむことが出来なかったんじゃないかな。私の着物ライフを支えてくださっている恩人だと思います。


さて、今回は帯を2本持っていきました。1本目は、龍村平蔵のモール一房文の袋帯です。

FullSizeRender

そう!昔サイズのこの袋帯(420センチ)が大きな私には短すぎた! 帯を結ぶのに四苦八苦したブログ記事が、昨年末にGoogle砲にヒット。いつもの何十倍もアクセス数を集めてしまい、恥を全国に拡散してしまった、いわくつきの帯です(笑)

この龍村帯について文字さんに相談したのは、

①クリーム色の帯だが全体的に薄汚れがあるので、地色を濃い色に染め替えたい。希望は黒、墨黒、薄墨、チャコールグレー、紺みのある黒。

②地色を染め替えた上に、足し布で帯の長さを伸ばして仕立て直してほしい。(後から本袋帯と知る。筒状に織っている帯なので、足し布もテクニックがいるそうです)

FullSizeRender

あと、もう一本は科布の九寸名古屋帯。たいていの科布は八寸帯だと思うのですが、幸か不幸か、こちらのお品は科布をふんだんに使った九寸帯なんですよ。用尺がたっぷりあるにもかかわらず、なぜかお太鼓幅を狭く仕立ててあります。また独楽の模様は可愛くて好きなのですが、お正月みたいだよね。夏に締めるなら、無地を表にしたほうが良いのでは? 八寸帯には出来ないのかしらん? など悩みどころがあるお品なんです。

FullSizeRender

さすが文字さん。私の悩みどころをすべて受けとめてくださいました。素人考えで(ああでもない、こうでもない)と浅知恵を働かせていた私が恥ずかしい。染め替えのプロ、お仕立てのプロに相談していただいた上で、できるだけ費用を抑えられる方法で見積もりを出してくださるそうです。ありがたいことです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

ビバ60代!待ってました結城紬!

昨年末に近所の和裁士さんに、着物のサイズ直し(裄出し)3枚、仕立て直し2枚をお願いしました。

FullSizeRender

満を持して、すべて仕上がったとご連絡いただき、雨が降っている日にもかかわらず、大喜びで取りに伺いました。めちゃくちゃ楽しみにしてましたからね!

せんびるの「はちす」さんで購入したグレーグラデーションの格子の着物。サイズはおおむね足りていましたが、裄を少し伸ばしていただきました。

FullSizeRender

アイボリー色、ブルーグレー色の結城紬もそれぞれ、裄出しをしてもらいました。しつけ糸がついた新古品で、上のアイボリーは証紙がありませんでしたが本場結城紬だと思います。

FullSizeRender

小倉商店の証紙がついた藍色の本場結城紬は、サイズが小さかったので洗い張りして、マイサイズに仕立て直していただきました。赤と水色の絣ですので、八掛の色を水色にしました。

FullSizeRender

そしてこちらは奥順の黒地の十字絣です。地機の現代の証紙がついていて、とても柔らかく風合いが軽いです。こちらもサイズが小さかったので、洗い張りして仕立て直していただきました。

FullSizeRender

おもしろい八掛がついていたので、仕立て直しでもそのまま使いました。赤い八掛であっても昭和テイストでなく、現代的ですよね。

FullSizeRender

和裁士さんが丁寧に美しく仕立ててくださり、ありがたき幸せでございます。早く仕上げてくださったおかげで、寒い時期に間に合いました。やはり冬は暖かい結城紬が恋しいですよね。

明日から結城紬をガンガン着ますよー!しゃーわせ♡

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

話は変わりますが、インターネットの姓名判断を教えてもらったので試してみました。フルネームを漢字でインプットすると、姓と名の字画から一生の運勢の流れが出てくるのです。

下は家族Aの運勢⬇️  20代で落ち込んでるけど、あとは過不足ない穏やかな人生を歩んでいるようです。

FullSizeRender

家族Bの運勢⬇️  ええ〜っ⁈  こんなふうに一生を通じて順風満帆、いつだって最高に幸せの人なんて、この世にいるのかしらん? すごいね。

FullSizeRender

はい、そして私の結果です⬇️ 笑ってしまいました。私が歩いてきた人生、苦労が絶えなかったんだなって。特に一番輝いているはずの10代、20代、30代、ずーっと幸薄いマイナスだったのですね(泣)

しかし運気が突如として60代以降、晩年まで急上昇! 今までで一番、人生輝かしくなるみたい。嬉しいけど遅いって(笑)
FullSizeRender

まぁ、いいや。60代になって、やっとこさ私にも青春が訪れたようです。よーし明日から結城紬をガンガン着てブイブイ言わしますよーっ!(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


羽織紐から組み立てるコーディネート

お世話になっている方から冠組の羽織紐を頂戴しました。羽織紐はいつもキングファミリーで未使用品を100円か150円でゲットしている私としては、このような高級な羽織紐をどう扱ったらいいのか慣れてないので、そわそわしております(笑)

FullSizeRender

とても素敵な色。こちらの羽織紐に合う羽織をぜひつくりたいと思います! 実は以前からピンク系の長羽織を一枚、つくりたいと思っていました。

手持ちの紬の反物から、長羽織に仕立てるか。
FullSizeRender

あるいは解き反物を洗い張りして、長羽織に仕立てるか。

FullSizeRender

いやいや、上の3枚はいかにも私の個性丸出しですね。もっとオーソドックスな汎用性の高い無地に近い長羽織が良いかもしれません。プレタでも良いお品がありそうです。このピンク、上品ですね。欲しい〜♩

IMG_1946

欲しい〜♩と言えば、おびやさんオリジナルの十日町友禅のワインボトル羽織、めちゃくちゃ可愛いです。ティーカップバージョンもありますよ。

FullSizeRender

ワインボトルの絵柄も可愛いし、2枚とも地色が良いのでどちらを選ぶか悩ましいですね。しかし私はこの地色の羽織はすでに持っているので、もはや贅沢はできますまい😭

とりあえず来年は、頂いた羽織紐に合うピンク系の羽織を1枚、文字商店さんでつくっていただきたいと考えています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


記事検索
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • おそらく究極に涼しい夏コーデ
  • おそらく究極に涼しい夏コーデ
  • おそらく究極に涼しい夏コーデ
  • おそらく究極に涼しい夏コーデ
  • 【着物沼】ネットショッピング徘徊から卒業した理由
  • 【着物沼】ネットショッピング徘徊から卒業した理由
  • クールな宮古上布、恋しや
  • クールな宮古上布、恋しや
  • 「あしべ織り汗とり」ハマりました!