お買い物

私が最近買ったもの

ステイホーム中のお買い物。大きな物は買えませんが小さな物をちょこちょこと。ストレスが溜まらないようにしています。

(買い物 その1)なんとまぁ予定外の着物をネットで買ってしまいました。京紅型(藍型)の小紋がえらく可愛いなぁと一目惚れしましてね。ええ、材料用ですのでプチプラです。

FullSizeRender

表地と八掛は使えますが、胴裏が痛んでいるので、解いて洗い張りに出します。その先、何にリメイクするか未定ですが、試しに着てみたらやっぱり好みでしたわ。

FullSizeRender

何も考えず集中できるので、着物を解くのが大好きな私。時間だけはたっぷりあるので、着物を解くのは良い手なぐさみになります。


(買い物 その2)撫子凛さんのイラスト本『お江戸ファッション図鑑』を購入しました。撫子凛さんのイラストが好きなのと、本の監修に丸山伸彦先生のお名前があったのが決め手でした。

お江戸ファッション図鑑
お江戸ファッション図鑑
撫子 凛


丸山先生の『日本ビジュアル生活史 江戸のきものと衣生活』は高額で手が届かなかったので、こちらの本を手に入れられて嬉しいです。


(買い物 その3)これは本当に買ってよかった! 水牛のかんざしです。思ったよりサイズが大きくて(長さ15センチ)インパクトあって素敵です。

FullSizeRender

「ひいばあ好み、私好み」の更衣さんのブログ記事を拝見して注文しました。やっぱり更衣さんセンスいいなぁ!

和髪への道のりが遠くてめげていた私ですが、水牛のかんざしが届いてテンション復活♫   こちらのショップさん、綺麗な箱に入れてくださり良心的です。ギフトにも良いと思いますし、私もリピートで買いたいです!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

郡上紬を素人鑑定してみた

昨年秋にネットショップのシンエイさん(楽天の宗)で購入した推定・郡上紬と思われる裁断済み、未仕立ての反物。

シンエイさんのには郡上紬の表記が無かったですが、モニターで見て(たぶん郡上紬だろう)と一週間ほど悩んで一か八か購入したものです。

日本傳統織物集成の裂地集のなかの郡上紬と比較してみました。

FullSizeRender

左は人間国宝の宗廣力三氏の裂地。まずは拡大ルーペで組織を較べてみました。うーん、素人鑑定ではありますけど経糸と緯糸の撚りは同じに見えます。私が買ったほうも郡上紬に違いないと確信しました。

ただし人間国宝作とは織りの個性が違います。宗廣氏のほうはほとんどネップ(節)がなく、たたずまいが滑らか。私が買ったほうは経糸にネップが多くて野性味が強い。これは織り手さんの個性なのか、技術の差異なのか、不明です。

裁断済みの反物についてる左上の渋札には、◯◯医院様という文字が。開業医のお宅が注文されたのでしょうか。

FullSizeRender

そして手触りが違います。宗廣氏のほうは紬なのにものすごく柔らかいのです。いつかチアキ先生がお召しになっていた郡上紬を触らせてもらった時の感触と同じ柔らかさだと思いました。対して私が買ったほうは硬いです。これ、ひょっとして湯通しせずに反物を裁断しちゃったのかな? 自分が仕立てる前には端縫い〜洗い張りが必要ですね。どうか柔らかくなりますよう💧

しかしながら今となっては郡上紬は幻の織物。とても貴重で素晴らしい。遠目にはグリーンの着物ですが、何十種類もの色合いの草木染の糸で織られていて本当に凄いです。

FullSizeRender

ありがとうシンエイさん。お礼に宣伝を貼らせていただきます(笑)

IMG_4990

シンエイさん=とにかくお安いイメージがありますが、実は琉球ものや上布に強いし、昔の人間国宝や作家ものも多数扱っておられます。サイトを眺めるだけでも楽しいですよ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

この世に買い物より楽しいことある?

パルスプラザで開催中(28日まで)の第79回京都アンティークフェアの初日に行ってまいりました。私はアンティークフェアも骨董市も今までまったく行ったことがなくて、生まれて初めて踏み入れた骨董市の雰囲気にテンション上がりっぱなしでした。着物だけでなくすべてがめちゃくちゃ楽しい〜!

しかも、おかんさんとリヨさんがお買い物にご一緒してくださるという僥倖に恵まれ、楽しい一日を過ごしてきました。リヨさんが仲良くされている京都の柚鈴桜(ゆりざくら)さんのブースにて。

FullSizeRender

開場一番に袖鈴桜さんに直行して、真剣な表情で帯を選ぶおかんさん。あっという間に帯を何本かお買い上げ!人気店でお客さんが混み合う前に、ササッと狩ってしまう早業がお見事でした!さすが!

IMG_4485

骨董市でスマートにふるまえる、おかんさんとリヨさんに引き換え私ときたら。明らかにサイズが小さいのに髪を振り乱しながら試着→やっぱりダメでした、と往生際の悪さを発揮してモタモタしておりました。

このバンジョー柄の着物、私はあきらめたのですが、あとからリヨさんがお店の方に強く勧められて購入されたそうで、良かった〜!リヨさんの着姿を楽しみにしてます♡

FullSizeRender

今日の私の戦利品。納戸色の羅の帯(柚鈴桜さん)と、江戸紫の型染め九寸帯。


FullSizeRender

そして長野県松本市から出店されているお店より、明治時代の櫛と笄(こうがい)を購入しました。念願のアンティークの笄を手に入れられて嬉しいです!

FullSizeRender

理由あってリサイクル着物を買わない(買えない)私のはずが、出合ってしまうとやっぱり買うてしまいますね〜。これでもだいぶ物欲をこらえて辛抱しました。まるで修行のような一日で、心は千々に乱れましたが、やっぱりお買い物ってすっごく楽しいなぁ〜!

この世にお買い物より楽しいことってある?  私にはありません(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



私のシンエイさん攻略法

理由あってリサイクル着物を買わない(買えない)月日が続いております。振り返ってみますれば、最後にシンエイさんでリサイクル着物を購入したのは、昨年の9月のようです。裁断済み未仕立ての郡上紬と、材料用の大島紬秋名バラでした。

みんな大好きシンエイさん、去年からしょっちゅう70パーセントオフセールを開催して大盤振る舞いされているようですね。大きな会社だから、流通量がハンパないのでしょうか。

私は今は買わない(買えない)けれど、いろんなブロガーさんの70パーセントオフセールの戦利品を拝見するのがとても楽しいです。私には選べないような多様なセレクトがあって(なるほどなー)(こういう選択もありか)(素敵だわ)と勉強させていただいてます。

皆さんお買い物上手です。まるで宝探しのゲームのよう。おそらく人によって攻略法が違うんでしょうね。

参考までに私のシンエイさん(「宗」で見てます)のサイトの見方ですが、「紬」か「紬 訪問着」で検索して、値段の高いほうからチェックしています。

あと平日9時から17時までは順次サイトに新着商品がアップされるので、昼間時間があるときはリアルタイムですべての商品の新着から見ています。玉石混交のシンエイさんですので、ときたまスッゲー貴重な逸品がしれっとアップされることがあり、思わず心臓が飛び出しそうになります。間違いなく30分以内に売れてしまいますね。新着商品は割引無しですが超お買い得で早い者勝ちなので、おそらく逸品狙いの業者さんとかがチェックされているのではないかと想像してます。

また楽天シンエイではサイズ検索も出来るので「裄69 未使用」とかで検索することもあります。サイズありきで探せるのはすごく便利ですよね。

いずれにしても、着物を見る目を少しでも肥やせたらいいなという願望から、必ず値段が高いほうから見ます。眺めるだけですので😅

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

襤褸(らんる・ぼろ)の世界

大阪は緊急事態宣言が解除されたので、久々に古布のお店に行ってきました。今までそちらで大島紬、本塩沢、能登上布、宮古上布、結城縮、結城紬など、いろいろな着物を譲っていただきました。

この日の私の目的は着物や帯ではなく、時代物の古裂を見せていただくこと。なぜならこちらのオーナー様が主として蒐集なさっているのは、室町時代や江戸時代、明治、大正、戦前の古い布。なかでもお好きなのが、襤褸(らんる、ぼろ)なんだそうです。

襤褸とは、かつて木綿布が貴重品だった時代に地方の寒冷地などで、江戸や上方などで使い古された端切れを、刺し子で補修し、ツギハギにし、重ね合わせたりして、野良着や布団、夜着に直した布のこと。今や欧米を中心に「BORO」と呼ばれ、アートとして高い評価を得ているそうです。

私自身、襤褸に関しての知識は持ち合わせておりませんが、もう10年ぐらい前ですかね、浅草をブラブラ歩いているとき、なぜかアミューズ(サザンや福山さんの事務所)が主催する襤褸の展示会を見つけて拝見したことがあります。こんな世界もあるんだと驚きました。

さて古布の店ではオーナーさんから、貴重な襤褸のほかに、時代物の熨斗目の着物や、野晒し文様の着物、なんと被衣(かつぎ)まで見せていただきました。美術館や博物館以外の一般のお宅で、被衣を見せていただけるとは思いもよりませんでした。いったい何時代のお品なんだろう。

もちろんすべて購入可能ですが、出来心で一枚でも買ってしまうと、そのまま襤褸沼・古裂沼に引きずり込まれそうなので拝見するだけにとどめました。高価でおいそれと買えませんしね。

一枚だけ、アンティークの段熨斗目の長襦袢を材料用でいただいてきました。

FullSizeRender

男性用の長襦袢です。未使用で綺麗なので、このまま解いて羽裏や肩裏に使いたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村




ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ