雑感あれこれ

粋でいなせな六代目 

北品川の丸屋履物店の六代目が始めたYouTubeを見て惚れ惚れ。粋でいなせでチャキチャキしていて、これぞ江戸っ子の歯切れの良さ。よっ六代目!と声を掛けたくなります。

丸屋さんの六代目が草履の選び方をとてもわかりやすく解説しておられます。

丸屋さんには私も二度ほど伺って、時雨下駄(鼻緒はエナメル)、パナマ草履(小千谷縮)、藍色の帆布草履(遠州木綿)をお願いしました。

FullSizeRender

いや、大阪にも京都にも素晴らしい草履屋さんがたくさんあるのは知っています。わざわざ東京に行かなくても、いくらでも関西で間に合うのですが。

どうやら私は、東海道五十三次の品川宿という場所が好きだし、その地で連綿と履物店を受け継いでおられる六代目のお人柄、江戸っ子らしい気風の良さにやられてしまったみたいです(笑)

年に一度上京するたびに羽田から北品川に直行して、丸屋さんに草履を挿げてもらいたいものだと願っております。

FullSizeRender

次に狙っているのは南部表草履の烏表で〜す!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


袋帯好きになった理由

昔ながらの商店街で地域に根ざして営んでいる老舗の呉服店。ちょっと近寄りがたく、他所から来た自分には縁がないといつも通り過ぎていました。

ところが昨年秋、たまたま呉服店のショーウィンドウに飾っていた洒落袋帯(左上)が好きなタイプで目が釘付けになってしまいました。「どちらの帯ですか?」と店主にお訊きすると「今河織物の木屋太」だという。「きやた」というネーミングも可愛らしくて気に入って、ちょうど本場結城紬に合う帯を探していたこともあり、いただくことにしました。

FullSizeRender

それが木屋太との初めての出合いです。実際に締めてみると、軽くてしなやかで身体にピタッと吸いついてフィットして心地よいのです。それまで袋帯が苦手で長らく敬遠していたのですが、木屋太の袋帯は締めやすいのでドンくさい私でも二重太鼓を失敗しません。木屋太のおかげで袋帯が大好きになりました。

それ以来、呉服店やネットで少しずつ木屋太の袋帯を集めています。ビビッドで大胆な色使い、現代的でアートなデザイン、可愛いくて大好き、大ファンです。木屋太のホームページはこちら →⭐︎

また、木屋太の今河織物(株)の今河宗一郎さん、(株)おおばの大庭左由夫さん、(株)安田の安田建太朗さんが、「N180」という西陣の機屋三人組のユニットを結成しました。毎週金曜日に配信しているYouTubeを楽しみに拝見してしています。

IMG_4098

「N180」とは、西陣織の伝統を継承して大切にしながらも、未来に向けて180度違うこともチャレンジしていこうというコンセプトだそうです。

京都の名門機屋のボンの三人のやり取りも軽妙で微笑ましく、同世代として応援したくなるYouTubeです。N180の展示会が再開したらぜひ伺いたいと思っています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

遠くから憧れていた木綿着物

今日は「太物の日」ということで、私の初めての木綿着物について書きます。絹に比べたら木綿着物のほうがお手軽で敷居が低いはずですが、普段に着物を着ない私にとっては「木綿着物を着る人=着物巧者、着物に慣れてる人」というイメージが強く、逆に敷居が高かったです。今でも低くはない。

だから初めて木綿着物をつくった時は本当に嬉しかったですね。遠くから憧れていたので高揚感がありました。

とはいえ初めての木綿着物は何を選べばよいか全然わかりませんでした。そんなときに新潟の片貝木綿のことを知り、ネットで検索しているうちに「これだ!」という反物を見つけました。濃紺とグレーと生成の大きなブロックチェックでした。

FullSizeRender

実はその直前にテレビの演歌番組で神野美伽さんがお召しになっていたブロックチェックのお着物(こちらは正絹)を観て、ステキだな〜と思っていたのです。なので同じようなチェックの片貝木綿を見つけたときは即買い。詳細見る前に指が勝手にポチしてました。

FullSizeRender

さっそく片貝木綿の反物を京都の文字商店さんで水通し、お仕立てしていただきました。とても気に入っている反物なので、柄合わせも綿密に打ち合わせして前身頃と後身頃のチェックは段をずらさず揃えていただくことに。おしゃれ着になるように衿も広衿でお願いしました。

FullSizeRender

結果、自分の雰囲気によく合う着物が出来たような気がします。たぶん手持ちの着物の中で一番似合う着物がこのブロックチェックの片貝木綿なのではないかと思います。

味をしめて、よろけ格子の片貝木綿の反物も買って、いつか仕立てようと目論んでおりますが、果たして似合うかどうか・・・。

FullSizeRender

ちなみに神野美伽さんが歌番組でお召しになっているお着物が大好き。いつも注目しています。

IMG_4770

こちらの赤の入子菱のお着物(正絹)、すごく元気が湧いてきそうな溌溂とした着物ですね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

モモコさんが語る正統派着物の楽しさ

以前から、ハイヒールモモコさんのお着物姿がきちんとしていて素敵だなと思っていました。

モモコさん所有のお着物と帯。ザ・正統派の上品なワードローブですよね。(お写真はモモコさんのamebloからお借りしました)

FullSizeRender

手前は、シャネルやフェンディ、エルメスなどのハイブランドのテキスタイルから仕立ててもらった帯だそうで、パーティーに締めていかれると大変喜んでもらえるそうです。

モモコさんのYouTubeチャンネルで、正統派の着物の魅力をおもいっきり語ってらっしゃいました。楽しかったです。

前編です後編ですモモコさんも沼にハマってますね(笑)将来はいつも着物を着てテレビに出る人になりたいとおっしゃっていて、嬉しく思います。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

ドルチェ&ガッバーナのせいだよ

これも15年前の話。当時、お仕事をしょっちゅうご一緒していた一回り年上の女性が、とにかくファッションセンスが洗練されていて、たいへんおしゃれな方でした。その方はイタリアのドルチェ&ガッバーナのお洋服を愛用されていて、ドレスはもちろん、お帽子からブーツ、アクセサリーまで全身ドルガバで決めてらっしゃいました。

ドルチェ&ガッバーナの最新ルックより。(画像は公式サイトよりお借りしました)

FullSizeRender

実はその女性、ドルガバも好きだけど、しまむらも大好き。まだしまむらが大ブームになる前の超マイナーだった時代、全国各地に出張に行くたび空き時間に現地のしまむらを訪ね、宝探しの如くエッジが効いた洋服や小物を掘り出しておられました。そういえば当時のしまむら、田舎の店舗にはおよそ不釣り合いなトンガッタ洋服が置いてあったりして、もちろんびっくりするほど激安。

ある日、そのおしゃれな女性がサングラスにつばの広い帽子をかぶって全身キメキメで現れたので、「さすがドルガバですね」と言うと「違うねん、全身しまむら。このシャツは900円、パンツは1500円」とおっしゃったので仰天。いつものラグジュアリーでモードなドルチェ&ガッバーナをお召しになっているようにしか見えません。

プチプラを着てもラグジュアリーに見えてしまうなんて、最近の流行歌じゃないけどまさに「ドルチェ&ガッバーナのせいだよ〜♪」だと思いました(笑)

普段からハイブランドを身につけてきたからこそ、自然と醸し出てくる贅沢なオーラ。そのレベルまで到達すれば、たとえプチプラであっても、気合いゼロの普段着であっても、体調が悪くてクローゼットからテキトーな服を選んだとしても、それでもやっぱりおしゃれな人にしか見えないでしょうね。

私のファッションの理想は、頑張らなくても、奇をてらわなくても、狙いを定めなくても、何気なく普通に選んだ洋服(着物も)をかっこよく着こなせたら最高だと思っているのだけど、実はこれがとても難しい。やはりそこまで到達するにはタダでは難しい。特にラグジュアリーで贅沢な雰囲気は、身銭をたくさんきってトライエラーを重ねた人だけが身につけられる特権だと思います。勉強代を払わずして、それを得ようとするのは虫がいい話。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村







ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 熨斗目訪問着の誂え①
  • 長い着物人生のなかで
  • 長い着物人生のなかで
  • 長い着物人生のなかで
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由