きもの文化検定

きもの文化検定工房見学会へ

昨日は、きもの文化検定工房見学会でした。私は初めての参加ですので、集合時間1時間前を目指して家を出てきたのですが、阪急京都線が事故で止まってしまい、急遽途中下車してJR線に乗り換えたので到着がギリギリに。コンビニでおにぎりを買って西陣織会館のロビーで頬張っておりました。

見学会スタートです。まずは西陣織会館で空引機の見学です。こちらでアメブロのくまさんとお会いできて嬉しかったなぁ♡

IMG_3710

その後、三班に分かれて各所を見学させていただきました。わぁ〜やっぱりリアルな工程を見ると勉強になりますね。机上の学びだった私には何もかも新鮮にうつりました。

FullSizeRender

朝香沙都子さんと同じ班でしたのでお写真を撮っていただきました。変わらず聡明で爽やかなお人柄&おたく(笑)朝香さんさすが!とても素敵な帯屋捨松さんの八寸帯を締めてらっしゃいました。

この日は雨模様でしたので、皆さん濡らしてもOKな装いで参加されてました。私も羽織に仕立て直すため洗い張りに出す予定のピンク色無地にしました。

IMG_3701

夜は京都のオサレなお店で、講師の先生たちを囲んで懇親会でした。久しぶりにお酒を飲んで、よくしゃべりました。

IMG_3706

そして四条大宮のプリンスホテル系のカジュアルホテルに宿泊。翌朝は野菜中心のおばんざいモーニングをいただき、ほっこりしました。


FullSizeRender

着付けも終わったし、これから記念パーティーに行ってきます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



前途多難な62歳の手習い

新年に決意した今年挑戦したいことは「浴衣を一枚縫うこと」でした。

さっそく先日、和裁教室に行ってまいりました。ええっと和裁に必要な裁縫道具は何も持っておりませんので、この日は先生の私物をすべてお借りしました。私は空っぽの裁縫箱だけ持参でした。(しかも半世紀前の中学時代の家庭科授業で使っていた裁縫箱 笑)

FullSizeRender

いい歳して正真正銘、まごうことなき初心者で、浴衣を一枚仕立てるために何をどうしたら良いのかちんぷんかんぷん、想像すらつきません。

FullSizeRender

とにかく先生から言われるままに、まず「置き尺」で反物の長さを計測、次に反物の端を糸で縫い付け印をつけていきました。そのあと自分の寸法をノートに書き出して、計算につぐ計算。尺貫法に慣れていない頭には、この計算がめちゃくちゃ大変でした。何を計算しているのかというと「反物の見積もり」という作業ですね。

FullSizeRender

上の図は下記サイトから貼らせていただきました。浴衣を仕立てる手順など、わかりやすく載っています。

はあああ〜、反物を裁つ前の準備段階で大変すぎて心折れています。浴衣(着物)のお仕立てって本当に大変で、正確に美しく仕立ててくださる和裁士さんを心からリスペクトします。本当に素晴らしい技術!和裁士さんの工賃安すぎると改めて思いました。

FullSizeRender

第一回目の授業はここまで。次回は柄合わせでしょうか?(ちんぷんかんぷん)

教室によっては、裁断までは先生がやってくださり、生徒は縫うところからスタートするところもあるそうですが、私の場合そうはいきません。

きもの文化検定対策だもの(汗)

不器用でドンジロウト、視力も理解力も覚えも悪い私ですが、あきらめずにやり遂げたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

新しい年に挑戦したいこと

2024年令和6年が明けました。今年もよろしくお願い致します。元日早々、大きな地震に見舞われ被災された方々に、お見舞い申し上げます。一日も早い復旧、心と身体の平安が回復されますことを、心からお祈りします。


さて、私自身が新しい年にチャレンジしたいことの一つは「和裁」です。といっても自分が着る着物ぐらいはお仕立て、お直しできるようになりたいとは思えません。不器用な私が本格的に着物を縫うのは無理無理。これからもお仕立てやお直しは、プロの和裁士さんにお願いするつもりです。

それではなぜ、和裁にチャレンジするかというとズバリ、きもの文化検定対策なんです。私、仕立てや和裁の問題が特に苦手で不得意で、いつも過去問題を丸暗記しているのですが、少し目先の変わった問題が出たらもうアウト。これはもう机上の勉強だけでは限界がある。実際に自分で着物を仕立ててみて、着物のしくみや寸法、裁断、縫い方などを自分の身体に覚えこませたほうが良いと痛感しました。

私の周囲で、検定一級を取れた方は皆さん、机上の勉強(テキスト➕過去問題集➕合格セミナー)に加えて、染織体験に出かけたり、伝統芸能や文化セミナーに参加したり、展覧会や美術展に足を運んだり、和のお稽古事に励んだり、時間と体力を使ってアクティブに行動されている方ばかり。その行動自体が教養として身についておられるんですね。私自身も(和裁の問題苦手やー、仕立てわからんわ-)と口先で嘆いている時間があれば、自分の不器用な手で一枚浴衣を縫ってみようと考えました。

もちろん独学では無理なので、月に一回、先生に習いに行くことになりました☺️

さっそく自宅の箪笥にあった古い浴衣反物を取り出してきました。半世紀前の70年万博の公式浴衣で可愛いです。反物幅も狭く、シミもあるので着用は難しそうだけど、教材だからこれを縫おうかな。

FullSizeRender

いやいや、やっぱり浴衣一枚縫うからには着用できることを目指さないと、張り合いもないし技術も身につかないのではないかしらん。とかなんとか理由をつけて💦メルカリで綿絽の反物を購入。

FullSizeRender

万博浴衣と較べると、全然幅が違います。これなら裄が大きな私でも着用できる浴衣が縫えますね。

FullSizeRender

さっそく風呂場で水通ししました。4時間程、水に浸けて、洗濯機で軽く脱水してから、ベランダで干してアイロンをかけて、準備OKです。

FullSizeRender

浜松注染の浴衣だそうです。62歳の手習い、時間がかかりそうですが、夏には着られるよう頑張りたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



第18回きもの文化検定の結果が来ました

ドキドキする時節が到来! 第18回きもの文化検定の合否通知が届きました。残念ながら三度目の正直は叶わず、今年も一級には届きませんでした。3年連続の準一級となります。

試験が終わった瞬間(今年もだめだ。撃沈された)とすぐに感じましたが、合否通知を待つ一カ月半の間、心が揺れ動きながらも(もしかしたら今年はギリギリ70点取れるかも)と、いつのまにか脳内がポジティブ思考に変換されたりして(笑)ちょっとだけ期待して、一級合格したら受賞パーティーで着るコーデなども空想しておりました。

が、合否通知と共に送られてきた「試験問題の解答と解説」を読み(こりゃ、一級にはまだまだ届いてないわぁ〜。準一級取れただけでも御の字やったわ)と深く納得しました。

ブロガーのくまさんが「一級(70点以上)と準一級(60点以上)の間にはちょっとした壁を感じました」とお書きになってましたが、本当にそうだと思いました。ちょっとした壁どころか、私には高い壁がずーっと立ちはだかっています。

今年はお腹に腫瘍が見つかり、8月に内視鏡手術で1週間入院、10月に腹腔鏡手術で10日入院するという不測の事態が起こりました。病気になったので(今年は検定パスしようかな)と考えたこともありましたが、逆に入院〜療養中には勉強する時間がたっぷりあるだろうと考え、病室も個室にして、テキストや参考書もたんまり持ち込みました。実際は手術のあとの痛みで勉強どころではなく、まともに勉強できたのは最後の2日間ぐらいでしたが。

IMG_9451

一級取れなかったことは悔しいですが、準一級だって難しく努力無しでは絶対に取れないので、今年頑張ってチャレンジした自分を褒めてやりたいと思います。

なので、いつか一級に合格したら受賞パーティーで初おろししたいと箪笥に寝かせたままのお気に入りの誂え着物と、そちらに合わせて清水買いした素敵な袋帯を、もう来年2月のパーティーで着用しようと思います!3度目の準一級を盛大にお祝いです(笑)

今回つくづく思ったんです。きもの文化検定を受けるために勉強することを「苦行」とか「修行」とか「辛抱」とか「ストレス」にしてはいけないなと。私が、きもの文化検定を受けるために勉強する理由は、あくまでも着物を楽しむため! 一級合格するまでは◯◯しちゃいけない、一級なら△△するべきである、と勝手に自分で自分を縛りつけてたよなぁ!(笑)

同じ検定受けるなら、勉強すること自体を楽しまないと損ですわ。来年は机上の勉強だけでなく、もっと外に出かけて積極的に人と会い、楽しく学びたいと思います。今まで参加してこなかった工房見学や食事会にも参加したい!そして限りある人生にストレスはもう結構! 張り合いを持って毎日を楽しく、溌剌と、健やかに暮らしたい。病気を経験したことでよけいそう思います。


追伸です!実は私、ライブドアブログでもうひとつ、以下のブログを運営しています。


過去に一級試験に出題された記述問題ばかりを集めているので、ご興味ある方はぜひ参考になさってくださいませ。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


目標を見失い、腑抜けに

久しぶりに茶道のお稽古に行ってきました。まだ着物は着られないし、お手前の順序や所作、道具の置き位置なども忘れているだろうし、自信がないままお稽古に向かいました。が、やはり行ってよかった。緊張感あるお茶室でピシッとお稽古したおかげで、どんよりした気持ちが払拭され、心身ともに活力が復活してきました。

IMG_4081

10月中旬に手術〜退院して以来、京都に行ったり、きもの文化検定を受検したり、お友達とランチしたり、教会の催しがあったり、芝蘭堂さんのイベントにうかがったりと、ほぼ毎日予定が入って忙しく過ごしておりました。

が、それも一段落して現在、腑抜け状態。まだ療養の身ですので仕事も休業中ですし、今年のきもの文化検定も終わってしまったし、お腹を切ったので帯を巻けなくて着物も着られないしで、、、落ち込んでおりました。

日々、家でのんびりできて幸せだわ〜とノンストレスを謳歌していたのも束の間、いつしか目標も張り合いも見失ってしまい、日々ダラダラ過ごしてしまい自己嫌悪に陥ってストレスフル!!やっぱり、ぐうたらな私には目標が必要だ。きもの文化検定は私の精神衛生を保つために無くてはならない事のようです。

とりあえず仕事を再開するまでは、家のなかの断捨離を頑張ろうと思います。今週から重い腰を上げて亡父の遺品整理を始めました。まずは父の書棚をあけて、代わりに私の着物関連の本を収納しました。今までは収納場所がなくて積んでいたのです💦

FullSizeRender

自分の住まいにはまだまだ着物関連の書籍を置いてきているのでこれでも一部ですが、検定のために結構増やしてますねー。なにより源氏物語の立派な本を全巻持っている(マダムSからの寄贈)ということは、これからも永遠に1級の勉強を頑張りなはれ〜という天からのお告げかもしれませんね(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



記事検索
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • きもの文化検定工房見学会へ
  • きもの文化検定工房見学会へ
  • きもの文化検定工房見学会へ
  • きもの文化検定工房見学会へ
  • きもの文化検定工房見学会へ
  • 重たい着物は矯正ギプス
  • 重たい着物は矯正ギプス
  • 重たい着物は矯正ギプス
  • 第24回着物しるべの会「2024京都伝統産業の日イベント見学」のご案内