着付け関連

あらためて着付けは重要だと思う理由

大阪は今日から緊急事態宣言が発出されました。また辛抱、我慢の閉塞的な日々が続きますが、どうかウィルスの感染拡大が抑えられますよう、踏ん張ろうと思います。

さて、先日の記事「着物は腹で着る?」の続きです。

努力家で器用な彼女は人一倍早いスピードで着付けをマスターしたのですが、コロナ禍でお出かけもままならず着物を着る機会もなく、いったん着物から離れてしまいました。

で先日、約一年ぶりに自宅で着物を着てみたら、着付けがまったくうまくいかなくなっていて愕然としたそうです。あちらこちらが皺だらけ、帯結びも何回やり直しても納得いかなくて、(一年前は簡単に出来たのになぜ下手になったんだろう)と。

その後、練習を重ねて自宅でなるべく着物を着ているらしく「全然自信がないけれど」と言いながら、着姿の画像を送ってくれました。それを見て私は思いました。(すごい!お腹で着物を着てる!)

一年前の彼女は、そつ無く綺麗に着物を着ていたけれど、どこか借着みたいでよそよそしい着姿だったような。でも一年後の今はすっかり板について安定感、こなれ感が漂っていました。やっぱり継続は力なり、何事も上達するには時間をかけることも必要だと思いました。

画像が無いので、先月京都に行ったときのお写真を。私の着姿より、後ろ姿のおかんさんのセルフヘアセットに注目!お綺麗でお上手ですよね!

IMG_4848

私自身、プロではなくイチ愛好家に過ぎず、着物について語れるような立派なスキルも経験もありませんが、たまたま自分が料理を作る仕事をしてますので、よく着物と料理を対比させて考えることがあります。

私が思うに、着物と料理は共通点がある。どんなに新鮮で高級な食材を、最高の技で美味しく調理したとしても、最後の盛り付けが汚くうまくいかなければ、すべてが台無しです。100点満点の食材、100点満点の調理が、盛り付け次第で120点にも0点にもなると思います。料理を生かすも殺すも盛り付けの美しさ次第です。

これを着物に置き換えてみたら、盛り付け=着付けですよね。人間国宝の作家さんが最高級の糸で染織した手の込んだ布を、一流の和裁士さんが最高の技術で丁寧に着物にお仕立てしても、最後に着たときの着付けの技術がまずければ、すべての価値が台無し! 逆に安価な素材の着物でも着付けが抜群に美しければ化けます。着付けの技によって、着物と着ている人が燦然と輝いて素敵に見えると思います。

そう考えると着付けって重要です。手順さえ覚えればOKではなく、そこから先の研鑽をたゆまず積んでいきたいものだと思いました。これは正統派着物の人だけでなく、和洋ミックス派など「自由に」着物を着ている人だって同じだと思う。いや、むしろ和洋ミックス派の人のほうが、綺麗に演出する努力を常に続けているような気がします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



着物は腹で着る?

洋服のセンスがいい人は着物のセンスもいいと私は思っています。

知り合いの同世代の女性は都会的で洗練されたファッションセンスの持ち主。ハイブランドのスーツを着て、エルメスのバッグにジミーチュウのヒールで街を闊歩する人。そんな彼女が突然、お母様からお着物と帯をたくさん譲られたことをきっかけに、着付け教室に通い出しました。

生来、負けず嫌いで真面目な性格の彼女ですから短期間で着付けをマスターしてしまい、あれよあれよと名古屋帯も袋帯も結べるようになりました。しかもお母様から譲られたお着物も、現代物や作家物などの素敵なお品ばかり。もともと洋服のセンス抜群な彼女ですから、お母様の素敵な着物をうらやましいぐらいかっこよく着こなされてました。

彼女から着姿の写真を見せてもらうたびに「私の着付けどう思う? おかしなところあったら教えて」とアドバイスを求められるのですが、いやいや初心者とは思えないぐらい着付けも完璧なんです。襟元も綺麗だし、おはしょりも裾つぼまりも出来てるし、帯結びも文句なし。衽線も繋がってるし、間違ってるところ、直すべきところは無いんですよ。さすが洋服のセンスがいい人は着物もスマートにそつ無くお召しになると感心しました。

ただ一点だけ、ものすごく気になったことがありました。彼女の着付けは何一つ間違ってないのにどこか違和感がある。洋服のように「肩で着ている」と私は思いました。

私の感覚ではなんとなく着物って「腹で着るもの」だと感じているので‥‥。その時、うまく説明できなかったので、彼女には何も言えませんでしたが。

五十肩で腕が上がらず、ひどい着姿💧

IMG_4940

もちろん着物を「肩で着る」のもアリだと思いますが。

えらそうなこと書いてますが、私もまだまだ、まだまだ。思い通りにならないことばかり。着付けって本当に奥が深いと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

着付けが上手くいくとは何ぞや?

コロナ感染者数が再び増加しているなか感染予防に注意をはらいながら、岸和田城の桜を観に行ってきました。

FullSizeRender

今日は快晴で最高気温24度。ぽかぽか陽気のなか城内を散策し、春を満喫してきました。

IMG_4660

今日も桜の小紋、桜の半衿です。単衣の着物の上に、単衣の長羽織を着ました。

IMG_4686

帯は、間道の八寸帯にしました。自宅で着付けを終えたあと、母から「今日は綺麗に着れてるわ」と言われたので(ほんまかいな〜)と聞き流したのですが、確かに自分でも着ていて快適だと感じました。

FullSizeRender

写真では伝わらないと思いますが、珍しく着付けが完璧にキマッたような気がします。衿元もピタリと沿い、衣紋も程よく抜けて、帯位置も理想的な高さで留まり、お太鼓の形も綺麗、おはしょりも具合良く、下半身の裾つぼまりもバッチリやん!

IMG_4688

珍しいというより、初めて着付けがうまくいったんとちゃうかな? 我ながら完璧だと思いました。偶然です(笑)

IMG_4630

着付けが上手くいくとは何ぞや? 補正のおかげですべてのピースが収まるべき場所にちゃんと収まり、余計なものが何もついてなくて、極めて合理的な過不足の無い状態だと。どう動いても着崩れしなくて身体が軽くてストレスフリーで気持ちい〜い!

ああ、これやなと思いました。このストレスフリーな着付けの感覚、偶然ではなく必然になれるよう頑張ろう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

一人だけ大きくならない写真の撮られ方

昨日は着付けクラブのあと、皆さんと一緒に稽古場近くの桜を観に行ってきました。

念願の、桜の小紋を着て桜の木の下に立つ夢が叶いました。

FullSizeRender

五十肩で腕が上がらないためヘアスタイル手抜きで失礼致します💦 帯は木屋太の本袋帯を締めてみました。

FullSizeRender

桜の小紋、桜の半衿で、桜の花びらに囲まれてご満悦の59歳の春(笑)

IMG_4532

もちろん、皆さまと並んで桜の木の下で集合写真も撮影しました。コロナ禍につき、わずか10分ほどのお花見でしたが着物を着ると一層思い出が深まると思いました。楽しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

集合写真といえば、私のように背が高い人は、撮影時につい端のほうに立ってしまうのではないでしょうか。なにせ背が高い女性は、気が弱くて遠慮がちの人が多いですから。

しかしながら(私はデカイから)と遠慮して下のお写真のように端っこに立つと、頭一つ飛び出してよけいに大きいのが目立ちます。

IMG_4538

こういう時は、一番大きい人が中央に立ったほうが、調和がとれたお写真になると思います。人数が多い時は真一文字に並ぶのではなく    の形に並ぶと、うまく全員の全身がフレームにおさまります。せっかく着物を着るなら、全身写したいですものね。

IMG_4539

3〜5人の少人数でお写真を撮るときもなるべく私は中央に立たせてもらっています。さりげなく皆より一歩後ろに引いて、遠近法を利用して、ちいさく写る努力をしております。笑

私と同じように困っている女性がいたら、良かったら参考になさってください。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

袷、広衿、袋帯

勝手に考えたロンバケ40周年の着物コーデを、せっかくなので着用してみました。

FullSizeRender

ロンバケといえば、青い海、青い空のイメージなので、やはり丹後ブルーのストール(兵児帯を流用)がよく効きましたね。

FullSizeRender

青い着物は初心者の時に、船場センタービルで反物を買って仕立ててもらった十日町紬。この着物、サイズも着心地も何もかも自分に寄り添ってくれて、順に折り畳むだけで着付けが綺麗に決まる心の友のような一枚なんです。色違いの利休茶と共に、絶大な信頼を寄せている着物です。

FullSizeRender

ところが今回、久しぶりにこの着物を着て(あれれ?)と違和感を覚えました。あちこちに皺があらわれ、なんだか以前より着姿がヨレヨレに見えます。理由はすぐわかりました。袷から単衣に仕立て直したせいだと思いました。

はあああ〜、単衣って難しいなぁ。気候温暖化だからと袷を単衣にどんどん直したくなるけれど、本当に単衣に向いてる素材かどうか慎重に見極めたほうが良いでしょうね。

同時に今まで興味を失いかけていた袷着物の良さがやっと理解できました。今まで袷はもう要らない!とか、増えすぎていやになった!とか、悪口言ってゴメンナサイ。今日から私は単衣より袷派になろうと思います。袷着物を贔屓にすることを誓います!(何のこっちゃ 笑)

こんなふうに着物の好みって、年々変化してゆくから不思議だわ。昔はバチ衿派だったけど今は100パーセント広衿派ですし、名古屋帯しかいやだったのに今は袋帯のほうが締めやすくて好きです。いつのまにか好みが逆転してました。

これからも変わっていくのかな? 変化することも含めて着物を楽しんでゆきたいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ