コーディネート

一周まわって赤い帯

悉皆・文字商店さんの勉強会でご一緒した京都のブロガーriyoさんは、赤い帯が大好きでたくさんお持ちになっているそう。この日も楓が織り出された赤の夏帯を締めてらっしゃって、美人がいっそう引き立っておられました。

image

riyoさんの赤い帯を見ているうちに、私も赤い帯が締めたくなりました。私には「赤い帯=昭和」のイメージが根強くて、赤も昭和もけっして嫌いではないのに、今までなんとなく赤を敬遠してきたように思います。

せいぜい部分的に赤を取り入れるのが関の山でした。

いやいや、昭和で結構。昭和上等。着物姿に赤を取り入れると元気が湧いてきてイキイキしてきますよね。令和になって昭和が遠くなりにけりの今、一周まわってかえって赤い帯が新鮮だわ!

riyoさんに触発されて、手持ちの赤い帯を出してみました。左から洒落袋帯、万年青(おもと)の九寸帯、沖縄土産のミンサー半幅帯。

image

今回着用したのは洒落袋帯。季節を先取りして、こげ茶の結城縮(単衣)を合わせてみました。長襦袢は本麻にしたけど、やはりまだ暑い💦

おかんさんに教えていただいたポーズで。ややや、ちょっと細く見えるのでは?(笑)さすが、おかんさんです。立ち方のコツを教えてくださったおかげで、棒立ちではなく表情をつけることを学びました。

image

おかんさんのポージング動画です♡

赤い帯、いいですよね!今回、帯揚げも帯締めも白にしたけど、多色使いの小物を持ってきたら今風に寄るかもしれませんね。

image

木屋太の袋帯は締めやすいので、帯結びの失敗が少ないように思います。

image

グレイヘアに赤はよく合うし、これから積極的に赤を取り入れようと思いました。来年還暦やし(笑)。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


紬の訪問着に憧れて

処暑を越したとはいえ、まだまだ暑いですね。夏着物や浴衣は大好きだけど、そろそろお腹いっぱいになってきました。次の季節に思いを馳せてしまう今日この頃、単衣をすっ飛ばして袷のことを考えておりました。それも訪問着のこと。

実は私は訪問着は一枚しか持ってないんです。袷、単衣、夏物合わせても一枚だけ。若い頃につくってもらった多色の辻が花の訪問着です。

FullSizeRender

訪問着を着る機会はめったにありませんし、一つ紋の色無地と江戸小紋があるので、セミフォーマルの着物を増やすつもりはなかったのです。

が、きもの文化検定のテキストに載っていた熨斗目の紬の訪問着に一目惚れ。いつかこちらの作家さんのお着物とご縁がありますことを夢見ています。

熨斗目や横段の紬の訪問着に興味があることを知り合いに話したら、なんとその方から「私は着ないから」と紬の訪問着を頂戴しました。横段の染め紬!好きなタイプです!

FullSizeRender

さっそく手持ちの洒落袋帯をコーデしてみました。うーん、着物も帯も似たような同じような色相ですね。いかにも私が好きなパターン。一番好きで無難だけど自分の殻を破れてないかも(笑)

FullSizeRender

おもいきって帯に補色(反対色)の青系を持ってきました。あ、新鮮でいいかも。どちらも開き名古屋帯です。左は爪掻き本綴れなので訪問着にもOK。でも右の八重山ミンサーは木綿帯だから訪問着には合わなさそうですね、たとえ紬でも。

FullSizeRender

再び袋帯に戻して。左が金糸入り蘇芳色の華紋、右が白とゴールドのツバメ柄。うーん、合ってるか合ってないかよくわからん(笑)

FullSizeRender

やっぱり実際に着てみないことにはわかりませんね。早く涼しくなり、袷着物のずしりとした重みが恋しく感じられるようになってほしいものです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


私に不足している要素は

先日、帯の数を減らそうと、おもに袋帯を何本かピックアップしました。

しかしその後、じっと考えた。私は昔から「濃い色の名古屋帯」を偏愛しているようで、対して「薄い色の袋帯」を冷遇しているのではないだろうか、と。

でもね、よく考えてみたら薄い色の袋帯ってインパクトには欠けるけど、やっぱり上品よね。そう、私に不足している要素はズバリ「上品」!(笑)

たとえばこんなうっすい色の付下げを着る時は、やはり同じトーンのうっすい袋帯を合わせたほうが、私だって品よく見えるかもしれないよね。

FullSizeRender

そうそう、将来茶の湯を習いに行きたいなら、なおさら控えめな色の袋帯は持っていたほうが良いと考え直しまして、こちらの薄ピンクの袋帯と白地の袋帯は手元に残しておくことにしました。

FullSizeRender

この薄ピンクの袋帯のタレ先、界切線の下に「佐賀錦」の文字が入っていて、以前からちょっとなぁ〜と思ってましてね。「西陣織」とか「佐賀錦」とか織元のブランド名をわざと見せるの、関西方面の古い仕立て方らしい。(帯の仕立て屋みつやまさんのサイトをリンクさせていただきます)

ダサいので、界切り線を内側に折り込んでピンクの絹糸でとじ付けました。ブランド名が見えなくなってスッキリ。

IMG_0156

うん、このほうが都会的やんかいさ〜。ついつい、うっすい色の着物や帯を敬遠しがちな私ですが、品良く着こなせるようになりたいなぁ。



#夏着物コラボ参加します♪

ちきんさん、毎回楽しいコラボ企画をありがとうございます。こちらに参加できると思うだけで、目標ができます!日々の何にもない暮らしに張り合いが出ます!心から感謝しております。

今日はお友達が主宰されている着付教室に参加してきました。いつも自宅で一人で稽古しているので、皆さんとご一緒できて、めちゃくちゃ刺激になります。一人では気付かなかった弱点も指摘してもらえて勉強になりました。楽しかったぁー!

今日着たのは墨色の能登上布です。肌襦袢の上からガーゼ布をぐるぐる巻きにしてから、本麻長襦袢、能登上布を着ました。上布、羽根のように軽くて涼しいです。家で洗えるし最高だと思います。

FullSizeRender

先日購入した芭蕉柄の羅の帯を締めてみました。

FullSizeRender

同じ着物で、帯だけチェンジ。やはり羅の帯で。皆さんにこちらの帯のほうが絶対合うとおっしゃっていただきました。

FullSizeRender

夏着物コラボ名物ジョジョ立ちとやらにチャレンジしたかったのですが、五十肩のため、ポージングの限度はここまで。眼鏡がずれてマヌケですわ。

FullSizeRender

このコーデで出掛けたい場所は、ズバリ東京国立博物館で開催中の「きもの展」です。

今のコロナ禍の状況で関西から行けるかどうかわかりませんが、もし行くことが叶えば、時間制限90分一本勝負で背水の陣を敷いて集中して鑑賞するつもりです。きもの文化検定の勉強も兼ねてるので、できたらその場で頭に叩き込めたらいいのだけど。

でもきっと私のことだから舞い上がってしまって、ギャーッ!となることでしょう(笑)

#夏着物コラボ






着っきらんまま死ぬのは残念

盛夏になると締めたくなる本麻の九寸名古屋帯。レモン色と淡いグレーの雲取文様で、みやがわさんで購入しました。

ああ、やっぱりレモン色は爽やかだ。寒色でも暖色でもなく、まことに重宝する色だと思います。

FullSizeRender

着物は麻に見えるけど正絹です。実は無地ではなく、黒の細いストライプが入っています。船場センタービルの四季の花さんでつくりました。

FullSizeRender

今日も、肌襦袢の上からガーゼ布をぐるぐる巻きにしてから、本麻の長襦袢を着て、汗からガードしました。

しかしながら正絹の夏着物の場合、一度でも着用したら本当は「汗抜き」に出したほうがいいのですよね? どうせ汗抜きに出すなら、汗に対してそんなに神経質にならなくてもいいんじゃなかろうか???

うーん、わからん。自分の経験値が少なすぎて、まだまだ方針が定まらないです。こればっかりは家で着付けの稽古しているだけではわかりませんね。

FullSizeRender

ところで手持ちの絽の着物9枚のうち、3枚をお友達に貰っていただくことになりました。身丈も裄も長さがあるので喜んでもらえたようです。

近ごろ、着物が増える一方だったので、少しでも減らせてホッとしています。なにせ来年はもう還暦。健康寿命が続く限り着物を楽しみたいと願っていますが、果たして手持ちの着物を存分に着倒せるか?「着っきらん」(byたまさん)かったらどうしよう。

着物を「着っきらん」まま死んでしまうのは残念やから、残りの人生しっかりおしゃれを楽しみたいと思います。







ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 4年越しの本場結城紬
  • 4年越しの本場結城紬
  • 4年越しの本場結城紬
  • 4年越しの本場結城紬
  • 4年越しの本場結城紬
  • 4年越しの本場結城紬
  • ミナ ペルホネン展へ
  • ミナ ペルホネン展へ
  • ミナ ペルホネン展へ