朝ドラ『ブギウギ』オープニングの中納良恵の歌声を毎日聴いているうちに、大好きだった彼女の曲を思い出し、久しぶりに昔のCDを取り出してきてクルマの中で聴いています。

色彩のブルース


「色彩のブルース」を聴いていると昭和ノスタルジーを喚起させられて、急に昭和に寄せたコーデをしてみたくなりました。
 
以前、龍郷柄の大島紬が欲しかった時期がありました。龍郷柄にはご縁が無かったのですが、ちょうどチアキ先生が楽天roomで紹介なさっていた一元式の大島紬に一目惚れ。赤い亀甲のなかに細かい絣が織られていて、どことなく龍郷柄を彷彿とさせるし、昭和ノスタルジックな匂いがして良いと思いました。

IMG_6900

未使用品でサイズも大きく、八掛の色が深い葡萄色で、昭和の着物というより平成の着物のような気がしました。でも雰囲気が昭和っぽいですよね。

FullSizeRender

先日の日曜礼拝に着ていきました。昭和ノスタルジックに仕上げるなら母からもらった赤い道行を着たほうが良く、直前まで赤い道行を着るつもりでしたが、道行だと教会に着いてから寒くても脱がないといけないので、室内でも着用OKの羽織にしました。

IMG_1288

千切屋の絵羽織を文字商店さんで仕立てていただきました。この羽織はどっしりして重いので暖かいのです。うーん、赤い道行のほうが良かったなー。

IMG_1294

帯は木屋太のしゃれ袋帯です。昭和を意識して帯締め、帯揚げ、羽織紐に赤を持ってきました。

FullSizeRender

しかしながらこの日、昭和ノスタルジーを一番体現していたのは足元でしたね! 今はなき「てんぐ」のお草履でございます。

大阪ローカル、しかも50歳以上の方しかわからないかもしれませんが、その昔、大阪を代表する高級老舗草履店として、心斎橋の「てんぐ」と「おき宗」が双璧をなしていたと記憶しています。両店とも残念ながらすでに廃業なさっています。

私も初めて自分で買った草履が「てんぐ」のクリーム色のエナメル台でした。憧れてましたからね。

FullSizeRender

実は購入した当時、クリーム色(ほぼ白)だった草履が、年月を重ねるうちにだんだん黄ばんできて(あー無理。処分しなければ)と思っていたのですが、今回久しぶりに箱をあけてみたら、なんと美しい金色に変化してピカピカ輝いておるではないですか!(笑)

あまりに黄ばみすぎて、最終的にゴールドに変身したという意外なオチに笑ってしまいましたが、台も鼻緒も劣化せず履き心地良好ですので、これからも金の草履を大切にします。何か吉報があればいいな(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村