KIMONOクラブのお稽古日でしたので、嬉々として出掛けてきました。今日のお題は袋帯でしたので一つ紋の江戸小紋に重ね衿、それとリサイクルで手に入れたモール一房文の帯を持っていきました。

FullSizeRender
FullSizeRender

お正月も近いし、よし!準礼装の自装ガンバロウ!と意気込んで臨んだにもかかわらず、江戸小紋は重くしなやかで滑るし、重ね衿はうまく出せないし、最初から大苦戦。極め付けは、今回初めて締めてみた袋帯が、なんと私には長さが全然足りませんでした。袋帯の長さが足りないのは初めてで、めちゃくちゃ焦りました💦

FullSizeRender

このモール一房文はワンポイント柄ですので、上のようにお太鼓に柄がドンピシャで入らないとおかしいんですが、何回やり直しても私には柄が入らなくてオーマイガー😱状態。ギューッと締めたので腸捻転になるかと思いました。4回目でなんとか柄合わせできたときには、汗びっしょりになっていました💦

はあああ、ショック。今日は撃沈して、うなだれながら帰宅しました。

帰宅してから袋帯の寸法を測ってみたら420センチで、私のいつもの寸法より20センチも短いことが判明。そこで今後どうしようか考えてみました。お太鼓をまず背負ってから一重に巻くなど、短い袋帯の対処の方法はあるみたいですが。

やっぱり文字商店さんに持っていって足し布ができるかどうか相談してみようと思います。あと白地の帯でちょっと使用感が目立つのが気になるので、思いきって黒に染め替えてもらおうかな。



ちなみに染め替え法は以下の種類があります。

①色あせた無地に同色系の濃い色をかける→色揚げ

②元の柄を活かして地色だけ変える→地色替え

③模様を含めて全体に色をかける→目引き

④柄の色だけ変える→彩色直し

⑤地紋のある紋綸子や紋意匠縮緬を模様のとおりに地色と異なる色に変える→地紋越こし

きもの文化検定一級を受ける方は全部覚えてください。今年も出題されました。こちらも私は撃沈しました(涙)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村