昨日は茶道の稽古に行ってきました。お手前を何度繰り返しても覚えられず、同じ間違いをしてしまう自分にがっかりしております。

と同時に、覚えられず同じ間違いを繰り返す生徒に対して、「前にも教えたでしょ」「何度言ったら覚えられるの」というようなことを絶対におっしゃらない茶道の先生は、本当に素晴らしい人格者でいらっしゃるとつくづく感服しました。

FullSizeRender

仕事や家庭生活のなかで「前にも教えたでしょ」「なんで覚えられないの?」「何回やっても出来ないね」というやりとりは結構ひんぱんにあります。これ言われたほうは、ただでさえ出来なくて困っているのに、追い討ちをかけるように「前にも教えたのに」と非難されたら、二重のストレスですよね。

なので私も仕事をお教えする時は、何も言わずに何度でも繰り返して教えるようにしています。が、家のなかではダメ。母に対してすぐに「何度言ったら覚えられるん」と怒ってしまいます。改めなければ💦

そして茶道にかんしても、先生のご人格と優しさに甘えることなく、いつまでも同じ間違いを繰り返さぬよう、もっと自分を律しようと反省している次第でございます。

さて茶道といえば、染めの着物(やわらかもの)を着るルールになっています。うちの先生はお稽古に紬OKなので、圧倒的に織の着物(かたもの)の数が多い私は助かっているのですが。

私の偏った好みのせいで着る機会がなく、箪笥のなかに追いやられてしまっている袷の染めの着物9枚を久しぶりに出してみました。訪問着、付け下げ、色無地、江戸小紋、小紋、、、ああ皺だらけで湿気も吸い込んで可哀想😢さっそく広げて風に当てました。

FullSizeRender

紬ばかりにうつつを抜かして、染めの着物をないがしろにしていた自分に反省です。みんな好きな大切な着物ばかりなのに、ごめんなさい!着物を復活したら、まずはやわらかものを強化しよう。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村