顔色が沈んで60歳のおばあさんにしか見えない(60やがな 笑)ダークグレーの江戸小紋。私には似合わなくて、法事ぐらいしか着られないような気がしましたが、実は大丈夫! パァッと華やかな羽織をコーデの主役にしたい時に、この沈んだダークグレーの着物が脇役に徹してくれて、実に良い仕事をしてくれるんですよ。

FullSizeRender

一昨年手に入れた、私には珍しいアンティークの長羽織。派手派手でたいそう気に入っております。柄オン柄にするほうが可愛いけれど、自分的には無地着物と合わせたほうが落ちつきます。アンティークであっても、正統派に寄せたいほうです。

FullSizeRender

今この記事を書くにあたって思い出したけど、この羽織の袖丈と裄丈を直してもらいたくて、実は近所の若い和裁士さんに預けっぱなしになっています。他にも羽織の仕立て直しを2枚頼んでるんだけど、もう10か月経つのに和裁士さんから音沙汰ないんだけど。あれぇ?(笑)

FullSizeRender

小さなお子さんがいらっしゃって子育てが大変そうだったので「私は全然急いでないので、ゆっくりお仕立てしてくださいね」と確かに私は言いました。ええ、ゆっくりで全然構わないんですけどね。でも、できたら次の羽織のシーズンにはあげてほしいなぁ(笑)

FullSizeRender

私は着物のお仕立てや仕立て直しは、京都の文字商店さんにお願いしているのですが、裄直しなど部分的な変更は上記の近所の若い和裁士さんに頼んでいます。わずかでも、これからの若い人を応援したいと思いましてね。子育てでさぞかし物入りだろうと。

こちらの若い和裁士さんとは4年ぐらいの付き合いで毎回メールと宅配便のやり取りだけで、近所なのにお会いしたことがなかったんです。でも一度、直接打ち合わせをしたほうが良いと考え、昨年初めて仕事場(ご自宅)を訪問したのですが。

もうね、時代劇に出てくるお城みたいな門構えと石垣、立派なお庭と大豪邸で仰天しました!何もかも大きくて玄関だけでもわが家のリビングと同じ広さ!その玄関に母と私の母娘二人が充分住めると思いましたもん。

私が勝手に抱いていた若い和裁士さんのイメージがガラガラと崩れ落ちました。まるでお姫様のような暮らしのお方でした。そら、納期もあわてませんわね(笑)。若い人を助けたいなんて、おこがましかった。助けてほしいのは私のほうでしたわ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村