友達が主宰している着付け教室に今日も呼んでもらいました。コロナ禍で仕事休業中の期間だけでもいらっしゃいとのことで、ありがたいです。

普通の着付教室というより、着物を通じた国際親善がコンセプトの会だから、海外から来た人にボランティアで着物を着せて差し上げたり、着付けを体験してもらうための教室です。英語が飛び交ってます。

英語も他装も不心得なので焦りまくり💦今日はヨーロッパの女性の浴衣を着付けしましたが、他装なのに私が必死で彼女に前結びしていたので大笑いでした。

私も注染浴衣を着ました。綿紬で生地がしっかりしているから秋に着ても違和感ないと思います。

image

私の左にいらっしゃる方は、浴衣ではなく板締め絞りの藍染の木綿着物でした。板締め絞り、洗練された大人の絞りで素敵でした♡

「でも白い帯に藍の染料が移ってしまって大変だったのよ。もう二度と藍染着物に白い帯は締めないと心に誓ったわ」

と仰ったので、私も大きくうなずきました。実は先日京都に行ったとき、能登上布に白の絽塩瀬の帯を締めたのですが、白い帯に藍の染料が移ってしまいショックを受けています。藍染の着物に白い帯はたいへん危険だと思い知りました。白い帯、爽やかなのに残念です。

image

こちらの能登上布はラミーで糸がしっかりしている感じがしたので自己責任で洗濯機で洗ってみました。宮古上布と同様に洗っても洗っても藍の染料が流れ出てくるので、こりゃ白い帯はこわくて締められないわな・・・と思いました。

何事も経験ですね。うまくいったり、失敗したり。身を持って経験を積んでいきながら、自分に合った着方やコーディネートを極めていけたらいいですね。

(追記)藍というより墨が色移りしているかもしれません。時間が経ってしまったけど、しみ抜きに出してみようと思います。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村