毎年、誕生月にハガキで届く「ねんきん定期便」ですが、35歳、45歳、59歳の節目の年には、より詳しい情報が記載された封書が届くんだそうです。先日ポストに日本年金機構と印刷された大きな封書が入っていて(ついに来たか〜)と感慨深く思いました。

ブログ名も『還暦着物好き日記』に変更したし、50代最後の年になったことは自覚しているつもりでしたが、60代が間近になっている実感が希薄だったのです。いまいちわかってないというか、ボーッと生きているというか。が、ただならぬ大きさの「ねんきん定期便」の封筒を受け取り、「ついに還暦になるんや〜」と初めて身を持って実感しました。

とはいえ年金を受け取れるのはまだ先のことで、リタイアして悠々自適な暮らしとは程遠い。残りの人生、たぶん一人で生きていかないといけないので、健康寿命を延ばしてできるだけ長く働きたいと願っています。目標は今の会社で70歳まで働くこと、できれば75歳まで、理想は80歳まで。週1でも週2でもいいから働けたらありがたいです。

ところが今回のコロナ禍で仕事が休業になってしまい、再開の目処も立ってなくて、自分が勝手に描いていた「未来予想図」が大幅に狂う可能性も出てきました。いったいどうなるんだろう。来年はどうなってるんだろう。もう以前の暮らしには戻れなくて、何もかも変わってしまうんだろうか。まるで霧のなかを運転しているような感覚です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

材料用に購入した大島紬と小紋。サイズが小さいけど、どうしても着用したいと思い仕立て直しできるかどうか、近所の和裁士さんに見てもらいました。するとどちらも反物幅が狭くて、私のサイズに直すことは厳しいとのことでした。

FullSizeRender

それならということで、両方とも羽織に仕立て直してもらうことにしました。裄がかなり足りないので、袖に同じ布で継ぎを入れてもらいます。

FullSizeRender

自宅でせっせと着物を解いて、再び和裁士さんのところに持っていきました。五里霧中の日々ですが、無心で着物を解いてるうちに、だんだん気持ちがリラックスして楽しくなってきました。お蚕さんの生命力が心を癒してくれるのかも。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村