処暑を越したとはいえ、まだまだ暑いですね。夏着物や浴衣は大好きだけど、そろそろお腹いっぱいになってきました。次の季節に思いを馳せてしまう今日この頃、単衣をすっ飛ばして袷のことを考えておりました。それも訪問着のこと。

実は私は訪問着は一枚しか持ってないんです。袷、単衣、夏物合わせても一枚だけ。若い頃につくってもらった多色の辻が花の訪問着です。

FullSizeRender

訪問着を着る機会はめったにありませんし、一つ紋の色無地と江戸小紋があるので、セミフォーマルの着物を増やすつもりはなかったのです。

が、きもの文化検定のテキストに載っていた熨斗目の紬の訪問着に一目惚れ。いつかこちらの作家さんのお着物とご縁がありますことを夢見ています。

熨斗目や横段の紬の訪問着に興味があることを知り合いに話したら、なんとその方から「私は着ないから」と紬の訪問着を頂戴しました。横段の染め紬!好きなタイプです!

FullSizeRender

さっそく手持ちの洒落袋帯をコーデしてみました。うーん、着物も帯も似たような同じような色相ですね。いかにも私が好きなパターン。一番好きで無難だけど自分の殻を破れてないかも(笑)

FullSizeRender

おもいきって帯に補色(反対色)の青系を持ってきました。あ、新鮮でいいかも。どちらも開き名古屋帯です。左は爪掻き本綴れなので訪問着にもOK。でも右の八重山ミンサーは木綿帯だから訪問着には合わなさそうですね、たとえ紬でも。

FullSizeRender

再び袋帯に戻して。左が金糸入り蘇芳色の華紋、右が白とゴールドのツバメ柄。うーん、合ってるか合ってないかよくわからん(笑)

FullSizeRender

やっぱり実際に着てみないことにはわかりませんね。早く涼しくなり、袷着物のずしりとした重みが恋しく感じられるようになってほしいものです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村