「きもの熱」という言葉がありますように、着物にハマりたての着物初心者の頃って、まるでマグマが湧き上がってくるような高熱に何度も浮かされました。いまだに私は熱にやられたまんまですが、それでも初心者の頃の異常な熱量の多さ、執着心の強さ、あの強烈なパワーはどこから来たんだろうと懐かしいような可笑しいような気が致します。

そんな初心者だった私が「きもの熱」に浮かされていた真っ只中での出来事です。あるイベントに行ったときに、何十年も着物を着ている大先輩の方から、こう言われたことがあります。

「あなた予言しとくわ。今、あなたが一生懸命買い集めているリサイクルの着物と帯、全部いやになるから。10年後には手放して1枚も無くなると思う。だからあわてて買わないほうがいい。着物の時間はゆっくり流れていくから、ゆっくりじっくり集めていったらいい」

はあああ〜さすが大先輩、ご自身も通ってきた道だけに説得力ある金言だとありがたく思いました。が、舞い上がっていた当時の私は聞く耳持たずだったんでしょうねぇ。その後もリサイクル着物と帯のあまりの安さに心奪われてバンバン買い続けました。

でも今から思うと、大先輩がおっしゃった

「全部いやになるから。10年後には手放して1枚も無くなる」

という予言だけは、しっかり私の胸に刻まれていたのですね。リサイクル着物と帯を買い物する際に(本当に大丈夫だよね?すぐいやにならないよね?10年後も着るよね?)と自問してから慎重に決断する習慣がつきました。

おっちょこちょいの私が初心者の頃に買い集めた着物と帯、今もほとんど手元にあるのは、ひとえに大先輩が予言してくださったおかげです。本当に感謝しております。

FullSizeRender

ところがどっこい!リサイクル着物と帯にかんしては、きちんとその方の予言に基づいて自問しながら買っていたのですが、リサイクル反物にかんしてはすっかり忘れとった(笑)初心者の頃、着物熱にまかせて買い集めた反物が、箪笥の中でゴロゴロ転がったままやがな!

結局この中で仕立てるのは1本だけだと思います。大先輩の予言が的中しましたね。