今日は帯の整理をしていました。着物を好きになった最初の頃は青系と茶系の帯が多かったのですが、今はすっかり様変わり。白系が激増しました。白い無地、地色が白、もしくは写真には写っておりませんが、ベージュやアイボリー等の白に近い地色の帯も増えました。

FullSizeRender

これは、コーディネートする上で最強の帯の色は「白」とお書きになっている波野好江さんの影響大ですね。実際、白の帯を用いるデメリットといえば、汚れが目立ちやすいことだけ。あとは、どんな着物にも合うし、スッキリ垢抜けた印象を作れるし、季節も年齢も問わないし、良いこと尽くしだと思います。

IMG_9245

洋服だと白が苦手で敬遠している私も、和装なら自然に取り入れられます。半衿が白、足袋が白なので、抵抗なく帯に白を持ってこれるのでしょうね。

自分自身の個性がきついほうなので(たぶん 笑)、コーディネートが過剰にならないよう引き算して、ちょっと物足りないぐらいで止めたいのです。スコーンと抜け感を作りたいときに、白い帯は本当に万能選手だと思います。