裄が一尺八寸二分(69センチ)で、たいていのプレタとリサイクルの着物は裄が短いので、必ず裄出しをしてもらいます。

ところが昔の反物で仕立てた着物は反物幅が狭いのです。精一杯裄を出してもらっても自分サイズに届かない場合が往々にしてあります。

FullSizeRender

手持ちの着物を点検してみると、これ以上裄を出せないのは夏着物ばかりでした。もちろん長襦袢の両袖をつまんで短くして着ればいい話ではあるのですが、それでもはずみで袖が飛び出してきて、うっとおしいことこの上なし。

あ、そうか。うそつき長襦袢と替え袖を使うというやり方もあるよね。これなら裄の長さを自在に調整できるもんね。

FullSizeRender

ということで、初めての「うそつき長襦袢」「替え袖」を注文してみました。夏着物に合わせるので洗える絽衿と絽袖にしましたよ。

届いたらさっそく試してみますね。楽しみじゃー!