晴れて空気がピリッと冷たく乾燥している今の時季は、絶好の着物日和。虫干しを兼ねた着付の練習もやりやすいです。

今年手に入れた茶屋辻の小紋を初めて着てみました。サイズが合ってなくお目汚しの着姿ですが、仕立て替え前の試着ということでご容赦を。

FullSizeRender

身幅も身丈も裄も窮屈で、自分が太ってしまった錯覚に陥り、凹みました。やはりサイズは大事。

帯はブラウン系の正絹しじら織。帯揚げは焦げ茶と煉瓦色のツートンカラー、帯締めは焦げ茶の冠組。

FullSizeRender

そして手描きの椿の羽織も試着。こちらも裄がかなり短いのです。でもすごくいい生地で高級感があって、着ていて気持ちが豊かになります。

FullSizeRender

この羽織は長羽織にせずに、このままの丈の方がいいと思いました。裄だけ出します。

FullSizeRender

今年はアウターを強化するのが目標でしたので、柔らかい雰囲気に変身できそうな(笑)羽織を手に入れられて嬉しいです。