先日の繰り回し(グリーンの長羽織をどうするか)問題について、実際に着用して考えてみました。

まずは自分には可愛いすぎる(幼すぎる)と思っていた縮緬の仮絵羽ですが、久しぶりに見ると写真よりかなり渋い色だったことが判明。

FullSizeRender

特に、辻が花調の赤い模様の色目が、赤というより茶色で、そんなに可愛くなかった(笑)。気に入った!(なんや私にいけるやん。ぜひ仕立てたいわ♡)と一転して復活。

FullSizeRender

続いて、アンティーク縮緬錦紗の男性長襦袢を羽織として試着してみました。むむむ、地色は深みのあるこっちの方が好きだぞ。やっぱり私はこっちかなぁ。

FullSizeRender

熨斗目もおもしろいし、羽織丈を思いっきり長くして、ロングカーディガン感覚で気軽に羽織るのもいいかもと、こちらも気に入りました。

FullSizeRender

ちなみにもう一枚の人絹の長襦袢は、自分で解いてしまったので、試着できず。ただ生地が薄いから、やはり表着には向いてないような気がします。

FullSizeRender

(本日の結論)同じようなグリーンの縮緬ですが、上の二枚とも仕立てたくなりました。というのも同じ縮緬でも、一越と錦紗では重量が違うので、着た感じも全然違うのです。錦紗のほうが薄くて軽く、着る季節もかぶらないと思います。

FullSizeRender

着物は利休茶の十日町紬、帯は名物裂間道の九寸、帯揚げは青と紺、帯締めは黄色の唐組でした。