墨黒の加賀友禅、白の綴れ帯、白の帯締め、蜜柑色に近い朱色の帯揚げ。「婦人画報」11月のカバーの寺島しのぶさんの素敵なスタイリングに心がときめいた!

FullSizeRender

さっそく着付けの稽古で色使いを真似させていただきました。私の着物は墨黒ではなく漆黒の友禅の付け下げです。加賀ではない。東京か京都か不明。鴛鴦(おしどり)と笹が手描きされています。

FullSizeRender

帯はふくれ織。元は袋帯でしたが気軽に締められるように、自分で名古屋帯にリメイクしました。そこに寺島さんと同じように白の帯締め、オレンジの帯揚げを持ってきました。帯揚げの色がよく効いてますね。

FullSizeRender

後ろ姿は黒一色しか写ってませんが、裾に鴛鴦が二羽いてます。

FullSizeRender

この着物は袷です。昔ながらの着物暦だと袷で正解にもかかわらず、着るのにめちゃくちゃ勇気が要りました。もう10月なのに昼間は蒸し暑くて戦々恐々。

なので長襦袢は本麻にしましたよ。本麻の長襦袢に塩瀬の半衿をつけたった(笑)皆さんも異口同音におっしゃってるように、濃い色の本麻の長襦袢を持ってると本当に役立ちます。一年の半分ぐらい活用できそう。


私は墨黒の本麻長襦袢をこちらでつくってもらいましたが、小千谷産より地厚の麻なので(着物用の生地じゃないかも)盛夏以外でも抵抗なく着られます。安いし。


正絹のトロミと落ち感を身体が欲するまでは、しばらく麻長襦袢でいこうと思います。