婦人画報11月号の表紙・寺島しのぶさんのお着物姿に心を奪われています。ぜひコーディネートを真似したいと思い、同じようなオレンジ色の和装小物があるかどうか、箪笥のなかをゴソゴソ探してみました。


うっ、帯締めは結構あるやん!上の4本はほとんど締めたことなく、もったいなかった。もっと活用して色使いの幅を拡げよう。

FullSizeRender

帯揚げは一枚ありました。これも長年、持て余しておりましたが、ちゃんと活かすべし!

FullSizeRender

そしてオレンジといえば、蛍光色の向かい鳥の手描きの塩瀬帯。別名「格調低い鳳凰帯」と言います。こんな格調低い気楽な鳳凰、見たことある?(笑)

FullSizeRender

でも金駒刺繍が施されていたり、なかなか手が込んでいるのです。どことなく大津絵を彷彿とさせる図柄のユルさにも心惹かれる。

FullSizeRender

しかしこの帯を実際に締めるのはチョットなぁ(笑)実は過去に何度も手放そうと試みたのですが、そのたびに後ろ髪を引かれるんだよね。結局、今も箪笥の中に鎮座しておられます。

ひとつ今年もハロウィン帯として活躍してもらいましょう。