2021年03月

大滝詠一ロンバケ着物コーデ

大滝詠一の名盤「ロング・バケイション」が発売されて、明日3月21日で40周年。名盤40周年記念の豪華版アルバム『A  LONG  VACATION  VOX』が明日発売となります。キャーッ!

IMG_4380

40年前も現在もめちゃくちゃときめく思い入れあるアルバム。私たち世代の青春そのもの!もちろん昔のアルバムは持っていますが、40周年版も欲しいなぁ。

とりあえず大滝詠一特集の雑誌はゲットしました。

FullSizeRender

永井博氏のイラストも冴えてるプロモーションビデオ。曲は「君は天然色」です。ああもう、これを見るとコロナ禍を忘れて、つかの間、現実逃避できるような気がする。こんな色鮮やかな世界が、早く戻ってきてほしくて涙が出ます。(ポップな曲調ですが、作詞の松本隆さんの妹さんが26歳で早逝した時の、街の景色が色を失ったことを歌った悲しい曲だそうです)



このアルバム全曲残らずすべて大好きですが、特に好きなのが「雨のウエンズディ」。大滝詠一(作曲)、松本隆(作詞)、細野晴臣(ベース)、鈴木茂(ギター)と、はっぴぃえんどの4人が揃ったすごい曲。壊れかけたワーゲンにも乗ってなかったし、とても綺麗だよと言われたことも無いけれど、40年前から勝手に自分のテーマソングに決めておりました(笑)

ということで、またまた勝手に、大滝詠一「ロング・バケイション」40周年を祝したロンバケ着物コーデを考えてみましたよ。

FullSizeRender

ロンバケといえば、プール、白いパラソル、海と水平線、青空、椰子の木ですので、やはり青い着物を着たい。青の十日町紬に、アンティークの琉球紅型の九寸帯。帯締めも帯揚げも青系。そして丹後ブルーの兵児帯をぜひともストールとして合わせたいです。

全身青尽くしですので、半衿と足袋は絶対に白! 白しかありえない! 着物を短く着付けて、草履の代わりに真っ白なコンバースを合わせても良いかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

続・雨ゴートほど費用対効果が高いものはない

春本番ですね。日本列島の気温が高くなるこれからの半年間=実は「雨季」だと思っているので、雨が降って当たり前と認識したほうが良いのではないかしらん。でないと晴れた日にしか着物を着られなくなり、おもしろくないよ!

それで2年前、ネットでポリエステル紗の反物を購入して、京都の文字商店さんでフルレングスの雨ゴート兼ちりよけに仕立てていただきました。

昨年夏、東京国立博物館きもの展に行ったときに着用。雨なら雨ゴート、晴れてもちりよけになるので、旅先でも重宝しました。

IMG_9953

フルレングスを仕立てるときに一番大事なのは身丈!長くても短くても困ります。もう文字さんとこで草履を履いてジャストサイズになるよう、何度も何度も確認して測っていただいたおかげで、身丈バッチリ!かっこいいコートになったと思います。

IMG_9945

雨ゴートの反物ではなく、透け感あるポリエステル紗の着尺反物を選びました。昔の雨ゴートはどっしり重いですけど、こちらの生地はめちゃくちゃ軽いです。仕立てても風呂敷ぐらいの軽さなので、バッグの中に入れて持ち歩くのも苦になりません。

FullSizeRender

正絹は素敵だけど、やはりポリだと雨に強いし洗濯機で洗えるので、気を遣わず思いっきり着用できます。私は道行衿のミシン縫いでお願いしましたが、もちろん道中着衿も、手縫いも出来ます。

でね、私は思うんです。着物のときのアウターって、道行、道中着、羽織といろいろありますけど、個人的に一番かっこいいのはフルレングスのコートだと思っています。だってフルレングスのコート着てる人、一気に「只者では無い感」漂いますよね。(私は只者ですが 笑)

つまりフルレングスのコートは、費用対効果が抜群に高いと思うのです。たとえポリ紗の一万円の反物でも、フルレングスのコートに仕立てたらお高く見えてしまいます。もちろん使い勝手がいいという観点からもコスパが良いです。

FullSizeRender

ポリ紗は長着だと夏限定素材だけど、コートにした途端、着用期間が前後に大幅に延びますよね。私はポリ紗のフルレングスコートをマイサイズで作って正解だったと心から満足しています。次はパステルカラーの反物でも作りたいな。おとなの女性にぜひおすすめしたいです!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

最近のよもやま話

先日、100均セリアの前を通りかかったらば店頭の一番目立つ場所に、鯉のぼりの手拭いが陳列されていました。

(こ、この手拭いは、あすかさんの記事で見た希少な手拭い! うわっ、こんなところに売ってるなんてすごい。めちゃくちゃラッキーやん! とりあえず買うとこ)

ということで(これは買わないと損や!)とばかりに同じ手拭いを3枚も購入してしまいました。使う当てが無いにもかかわらず(笑)

FullSizeRender

それにしても100均セリアのこと、いつもセリエ?と迷います。何回行ってもセリアかセリエか覚えられません。メルカリをメリカリと書いてらっしゃる方に共感を覚える今日この頃。うちの両親もスターバックスのことを夫婦揃ってオートバックスと呼んでたけど、私自身も笑えません。年々カタカナに弱くなっているのを感じます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

衰えるといえば、五十肩がひどくなってしまって右肩が上がらなくなっております。せっかく髪が伸びつつあるのに、和髪をセットする練習を頓挫中です。アイタタタ。

IMG_4373

テンションが落ちないように、自宅に戻ったときに鼈甲の髪留めやかんざし、櫛を持って帰ってきました。昔、お友達から頂いた大切な宝物ばかりです。

FullSizeRender

そうそう、昨年購入したヰロハ狐さんの素敵な真鍮のかんざしも楽しみですしね。

FullSizeRender

あとアンティークの笄(こうがい)も欲しいなぁ。近々、骨董市に探しに行く予定です。骨董市は初めてなので、わくわくします。帰りには、オートバックスでお茶してこようっと(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


年齢で色を決めるのは古くさいか

着付けクラブが再開したのでお稽古に参加してまいりました。どの着物を持っていこうかと考えた結果、春らしい珊瑚色の色無地にしました。自分には若すぎて外には着ていけない色と思い込んでいて、それこそ稽古専用の着物です。

まずは有職文様・向い鶴菱の袋帯を締めてみました。

FullSizeRender

鏡を見ないでお太鼓を背負ったわりには、まっすぐ綺麗に出来ました(偶然)。が、後ろのおはしょりが長くなりすぎてるのをテキトーにごまかしているのがダメダメでした💧

FullSizeRender

私は着物を着るときの腰紐の位置が低いほうが楽なんですけど、おはしょりが長すぎるので、腰紐はウエストで締めるようにしよう。

帯を替えて。名物裂・笹蔓緞子の開き名古屋帯。

IMG_4344

名古屋帯ですが金糸が入っているので、ややあらたまった印象の帯です。

FullSizeRender

さて、自分では若すぎて気恥ずかしいと思っていた珊瑚色の色無地でしたが、稽古場で先輩から「その色、顔色が明るくなって良いですよ。あなたいつも暗い着物ばかりだけど、今日みたいな華やかな色だって似合うからもっと着てほしいわ」とおっしゃっていただき、意外でした。「でも色が若すぎて」「そんなことありませんよ。充分お召しになれますわ」

あまりにも褒めてくださるので、心が揺らいできました。私はこの色無地の地模様(籠目に撫子)がとても気に入っていて、いつか京都の文字商店さんで地色を染め替えていただこうと思っているんです。今のところ、至極色か織部色のどちらかにしたいと考えておりますが。

FullSizeRender

そんなに褒めていただけるなら、珊瑚色のままでいこうかな。おだてに弱い?(笑)

というか、若いからこの色とか、年配だからこの色は着られないなど、年齢で区分する価値観自体が古くさいですよね!毎回反省してるな私は。自分自身が真に着たい色、好きな色、似合う色は何か、もっと純粋に精査したいと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



今年の桜コーデは

まだまだ先だと思っていたら、今年の桜の開花は早いらしい。大阪は来週後半から咲き出すそうです。

昨年の岸和田城の桜。昨年の満開は4月4日あたりでした。

IMG_7989

桜の着物や帯を持ってなかった私は、昨年までは桜の小物を用いて、桜コーデを組み立ててました。半衿はかまわぬさんの注染手拭い「小桜」、帯留はひめ吉さんの黒蝶貝の桜です。

黒の結城縮(袷)に、孔雀の羽根が描かれたベビーピンクの塩瀬帯。

FullSizeRender

ブルーグレーの生紬(単衣)に、しじら織の九寸名古屋帯。

FullSizeRender

桜の小物のおかげで、桜の季節に相応の装いがちゃんと出来たと思います。

今年は念願の桜の着物がありますので、試着してみました。桜と楓の春秋文様の縮緬小紋(単衣)ですけどどうですかね? 我ながら似合ってないと思います(笑)可愛らしすぎて。

FullSizeRender

縮緬じたいがお嬢様ぽいというか、幼く見える素材だと思いますし、還暦には(というか私には 笑)無理があるかもね。まぁ黒羽織は必ず着ます。

FullSizeRender

帯は珊瑚色のコプト文様。嬉しいな。今年はこの着物を着て、桜の樹の下に立ちたいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ
  • 京都の悉皆・文字商店さんへ