2021年02月

長い着物人生のなかで

先日、おかんさんとお会いした日は朝から緊張していました。なぜなら、おかんさんは私の和髪の師。師匠にお目にかかるからにはヘアスタイルをピシッと決めていきたい。そう考えて、朝からホットカーラーで巻いて、ワックス、ジェル、スプレーを駆使して、スタイリングに臨んだのですが。

まさかの失敗。なぜか少しも上手く行かなくて、心折れて早々にあきらめてしまいました。時間もないので結局ポニーテールに。トホホ(泣)

しかしながら、カーラーで巻いたりスプレーで艶出ししたのが功を奏したのか、シニヨンみたいな雰囲気にまとまったような気が致します。おかんさんにも前髪の流れがうまくいってると褒めていただき嬉しかったなぁ〜。

FullSizeRender

「着付けだけでも必死なのに、その前にセルフヘアセットという高いハードルが立ちはだかり、しんどいです。またショートヘアに戻そうかと思う事あります」

思わず弱音を吐いてしまった私に、おかんさんがこう仰ったのです。

「うん、いいんじゃない。貴女の着物の趣味にはショートヘアが合うし、貴女自身もショートが良くお似合い。いつかまたショートに戻しはったらよろしいわ。でも長い着物人生のなかで一度ぐらい、髪を伸ばして和髪に結っている時代があると楽しいですよ。きっとよい経験になります」

はあああ〜、おかんさんさすが♡ そのお優しいお言葉で、また頑張ろうと思い直しました😭 ありがとうございました。

さっそく、なんばウォークにある桂やさんにGOしました。普通に地下街にある化粧品店ですが、実はプロ御用達のお店です。演劇関係者、舞踊関係者、芸能人が買いに来ますし、大劇場の楽屋にも出張販売しています。

IMG_4185

はい、こちらで川村かつら謹製の毛たぼを購入しました。おかんさんは黒、私は茶色です。

FullSizeRender

よっしゃあ! 念願の毛たぼを手に入れたので、頑張って髪を伸ばそう! 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村





着物デートに百貨店が良い理由

大人気ブロガーのおかんさんとご一緒させていただき、楽しい時間を過ごしてきました。おかんさんも今日の記事に書いてくださっています。

前回に難波でお会いした時は私が舞い上がって、ウロウロ歩いたあげくレトロな喫茶店にお連れしてしまい狭いのなんのって(笑)女性同士着物で行くお店は、大箱でゆったり座れるお店のほうが良いなと痛感しました。

今回は高島屋のなかで過ごして大成功でした。やっぱり百貨店って何でも揃っていて、お買い物できて、ゆったりして、高級感あって、アクセスが良く、店員さんが親切で、雨にも濡れず、化粧室も綺麗で、めちゃくちゃ快適空間! 

呉服売り場を見て、美術画廊を拝見して、展覧会の催事を巡ったあとは、広々とした休憩スペースにて着姿まで撮影できました。

FullSizeRender

もちろんランチとお茶も館内のレストランで。名店揃いなので、どこに入っても間違いないですよね。

IMG_4176

食後に屋上庭園を散策して。

IMG_4184

着物で出かける場所や目的を無理やり考えなくても、デパートをフル活用すれば良いと思いました。お友達同士でも一人でも、着物で自然体にふるまえる楽しくて便利な場所。なにせ元々が呉服商なのですから。

FullSizeRender

おかんさんの辻が花の小紋と、梅の羽織が春らしくてすっごく素敵でした!

私もこの日は梅柄の十日町紬に、糸巻きが抽象的に描かれた塩瀬の染め帯で。

FullSizeRender

マゼンタ色の帯に、マゼンタ色の貝の口浮舟のぶっとい帯締めがポイントです。普通カジュアルな装いにボリューミィな帯締めは締めないと思うのですが、どうしても私は締めたかった。自己満足の、ひそかなこの日の主役でございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


粋でいなせな六代目 

北品川の丸屋履物店の六代目が始めたYouTubeを見て惚れ惚れ。粋でいなせでチャキチャキしていて、これぞ江戸っ子の歯切れの良さ。よっ六代目!と声を掛けたくなります。

丸屋さんの六代目が草履の選び方をとてもわかりやすく解説しておられます。

丸屋さんには私も二度ほど伺って、時雨下駄(鼻緒はエナメル)、パナマ草履(小千谷縮)、藍色の帆布草履(遠州木綿)をお願いしました。

FullSizeRender

いや、大阪にも京都にも素晴らしい草履屋さんがたくさんあるのは知っています。わざわざ東京に行かなくても、いくらでも関西で間に合うのですが。

どうやら私は、東海道五十三次の品川宿という場所が好きだし、その地で連綿と履物店を受け継いでおられる六代目のお人柄、江戸っ子らしい気風の良さにやられてしまったみたいです(笑)

年に一度上京するたびに羽田から北品川に直行して、丸屋さんに草履を挿げてもらいたいものだと願っております。

FullSizeRender

次に狙っているのは南部表草履の烏表で〜す!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


検索したら朝香さん

遅まきながら、多くの着物ブロガーさんが推してらした新潟県五泉のカシミアのアームウォーマーを購入しました。来シーズン用にするつもりでしたが、考えてみたら三寒四温の今こそ温度調整グッズが役立ちそうですね。さっそく次のお出かけに使おうと思います。

FullSizeRender

さて昨年末、購入したインパクトが強い着物。自分の殻を破ってくれそうで気に入っているのですが、合わせる帯が難しいと思いました。

この着物、紬に型染め(紅型)なのでカジュアル着なのかと思いきや、柄付けは熨斗目なのでフォーマルになるらしいのです。いったいどっちやねんと言いたくなりますが、まぁ紬の訪問着みたいな感覚で良いのかな?

前回はとりあえず色合わせ優先で黒地の名古屋帯を合わせました。

FullSizeRender

しかしながら格合わせ的には、袋帯か綴れ名古屋帯を合わせたいと思っておりました。黒かチャコールグレーの無地っぽい袋帯があれば理想的なんだけどなぁ〜と考えながら商店街をボーッと歩いていたときに、またまた木屋太の本袋帯にフォーリンラブ(笑)

合わせてみました。丸文は正倉院文様だと思います(たぶん)。

FullSizeRender

あ、そうか。全通の本袋帯なのでリバーシブル使いできそうですね。裏面の無地を表に出してもいいかもしれません。

FullSizeRender
 
本袋帯とは、表側と裏側の生地が同じ糸で筒状に織られている袋帯のことだそうです。袋帯と本袋帯の違いについては、朝香沙都子さんの過去ブログにわかりやすく説明してくださっています。着物のことでわからないことがあって検索したら、必ず朝香さんの記事が出てきて答えを教えてくださるので助かります。いつもありがとうございます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

豪邸に住まう和裁士さん

顔色が沈んで60歳のおばあさんにしか見えない(60やがな 笑)ダークグレーの江戸小紋。私には似合わなくて、法事ぐらいしか着られないような気がしましたが、実は大丈夫! パァッと華やかな羽織をコーデの主役にしたい時に、この沈んだダークグレーの着物が脇役に徹してくれて、実に良い仕事をしてくれるんですよ。

FullSizeRender

一昨年手に入れた、私には珍しいアンティークの長羽織。派手派手でたいそう気に入っております。柄オン柄にするほうが可愛いけれど、自分的には無地着物と合わせたほうが落ちつきます。アンティークであっても、正統派に寄せたいほうです。

FullSizeRender

今この記事を書くにあたって思い出したけど、この羽織の袖丈と裄丈を直してもらいたくて、実は近所の若い和裁士さんに預けっぱなしになっています。他にも羽織の仕立て直しを2枚頼んでるんだけど、もう10か月経つのに和裁士さんから音沙汰ないんだけど。あれぇ?(笑)

FullSizeRender

小さなお子さんがいらっしゃって子育てが大変そうだったので「私は全然急いでないので、ゆっくりお仕立てしてくださいね」と確かに私は言いました。ええ、ゆっくりで全然構わないんですけどね。でも、できたら次の羽織のシーズンにはあげてほしいなぁ(笑)

FullSizeRender

私は着物のお仕立てや仕立て直しは、京都の文字商店さんにお願いしているのですが、裄直しなど部分的な変更は上記の近所の若い和裁士さんに頼んでいます。わずかでも、これからの若い人を応援したいと思いましてね。子育てでさぞかし物入りだろうと。

こちらの若い和裁士さんとは4年ぐらいの付き合いで毎回メールと宅配便のやり取りだけで、近所なのにお会いしたことがなかったんです。でも一度、直接打ち合わせをしたほうが良いと考え、昨年初めて仕事場(ご自宅)を訪問したのですが。

もうね、時代劇に出てくるお城みたいな門構えと石垣、立派なお庭と大豪邸で仰天しました!何もかも大きくて玄関だけでもわが家のリビングと同じ広さ!その玄関に母と私の母娘二人が充分住めると思いましたもん。

私が勝手に抱いていた若い和裁士さんのイメージがガラガラと崩れ落ちました。まるでお姫様のような暮らしのお方でした。そら、納期もあわてませんわね(笑)。若い人を助けたいなんて、おこがましかった。助けてほしいのは私のほうでしたわ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー
  • 京都のトレンドはくすみカラー