2020年08月

「浴衣でコラボ」参加します♪

アメブロちきんさんプロデュース「浴衣でコラボ」に今回も参加させていただきます。お世話になりありがとうございます。

さて今回のお題は浴衣で踊っているポーズということですので、これはもう盆踊りしかない!大阪の盆踊りといえばもちろん河内音頭。河内音頭といえば、河内家菊水丸師匠の生の音頭で踊るのが最高の贅沢。

残念ながらコロナの影響で今年は盆踊りが開催されませんでしたが、菊水丸師匠の名入り浴衣を着てみました。(師匠が70年万博マニアだったので往時の万博ロゴマークが入っています)

IMG_0372

博多織の半幅帯を貝の口に結んで。河内音頭の踊りは大まかに言って「手踊り」と「豆かち」の2種類あって、優雅な手踊りから始まって、興が乗ってくるとピョンピョン飛びはねる豆かちに移行します。これがもう激しい動きで(笑)

したがってガチで踊りに行く場合の足元は地下足袋かスニーカーが一番良いですね。踊りは少しだけの私はウレタン草履にして、必ず足袋を履きます。怪我しないように。

FullSizeRender

お寺、学校のグラウンド、公園など、多種多様な場所で盆踊りの櫓が立ちますが、一番印象に残っている櫓は奈良県の信貴山の山中での盆踊りでした。山々の暗闇の中に提灯が幻想的に浮かび上がり、まるで明治時代の盆踊りにタイムスリップしたかのようでした。

IMG_0344

そんな古き時代の郷愁を誘う櫓とは対極ですが、都会の真ん中で開催されるスタイリッシュな盆踊りも好きです。本来なら来週あたり開催されるはずだった「中之島なつまつり」の盆踊り大会、おしゃれして浴衣でお出かけしたい大人世代に超おすすめです!


(昨年のポスターにコラージュ 笑)
FullSizeRender

なぜおすすめかというと、大阪国際会議場の全天候型広場で開催するから雨が降っても大丈夫。また隣がリーガロイヤルホテルだから、盆踊りの前後に優雅にティールームやバーで過ごすこともできます。そしてビジネス街という場所柄、上品な雰囲気で都会的な人が多い。

(イメージ画像 笑)
FullSizeRender

3年前に中之島なつまつりに行った時の記事です。楽しかったなぁ。

来年は開催されますように!一度、母を連れて行きたいんです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

山葡萄の籠バッグを育てる

誕生日月でしたので、ずーっと欲しかったけど買うのを辛抱していた山葡萄の籠バッグを、満を持して購入しました。

IMG_0100

購入したのは先月末でした。網代の大サイズ(横34、幅13、高さ39センチ)です。大サイズで荷物が重くなることを想定して、少しでも軽くなるよう今回は内布をあえて付けてもらっていません。なのでとても軽いです。

IMG_0101

すでに持っているスクエア型と較べると容量が全然違います。スクエア型はスマートでワンマイルのお出かけには良いけれど、私には荷物がパンパンになって窮屈だったので、大サイズを買えばよかったと後悔しておりました。

FullSizeRender

一個目のバッグはかたくなに国産にこだわっていたけど、二個目は肩の力が抜けて廉価な海外製です。でもとても綺麗に編まれていて満足してます。

FullSizeRender

籠バッグが届いて3週間、いつも私が腰掛けるソファーの横に置いて、座るたびに手のひらで籠を撫で撫でしています。一日30分は撫でています。

ご存知の通り、山葡萄の籠は生き物なので、人間の手のひらで撫で撫でしてあげると艶々になって喜びます。山葡萄の籠は年月をかけて育てるものなので、クローゼットの中に仕舞い込まずにどんどん使ってあげるべきなんだそうです。

今回、内布をつけなかったため、内部も撫で撫でしないといけなくて、ゴツゴツしていて最初は手のひらが痛くて参りました(笑)でも頑張って撫でているうちに、かなり滑らかになってきました。

IMG_0106

そう、山葡萄の籠には育てる楽しみ、手懐ける面白さがあります!けっして新品状態が最高なのではなく、手入れをちゃんとしていると年代を経るにつれて味が出てくるそうです。なのでいつか山葡萄の籠を買う予定がある人は、出合ったら先送りせず手に入れたほうがいい。一生ものなので、早めに育て始めるほうが良いと考え、今回私も購入に至りました。

ちなみに私が行く古布のお店にあった山葡萄の籠(中央)です。国産ならではの渋くて野趣のある蔓ですね。

IMG_2726

吊り橋の材料になるほど強靭な山葡萄の蔓、素晴らしいです。私は夏だけでなく一年中持ちたいと思います。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


ゆがんだお太鼓/洗濯失敗

松竹映画「男はつらいよ」シリーズの終盤を観てますと、娘の結婚式に参列するため、母親が部屋でひとり、黒留袖を自装しているシーンがありました。演じているのは夏木マリさんだったのですが、黒留袖に締めた袋帯のお太鼓が、えらいゆがんでいるのが印象的でした。

プロに頼まず着付けをしているリアリティーを出すために、きっと撮影現場で「ゆがんだお太鼓でいきましょう!」となったんでしょうね。提案したのは監督か、あるいは衣装さん、もしかしたら夏木マリさん自身のアイデアかもしれません。

このお芝居を見て、私は思いましたね。いつも自装するときお太鼓がゆがんで気にしていたのですが、別にどうってことないんだなと。むしろ個性だったり、愛嬌の範疇なのかも。少なくとも着付けにおける致命的な失敗ではない。そこより大事なポイントあるよね、衿とか。

ちなみにそのときの夏木マリさんの黒留袖姿、ゆがんだお太鼓以外は完璧にピシッとキマッていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日、炎天下の京都で浴衣を着て、思いっきり汗をかいて帰宅しました。もちろん想定内なので絞りの浴衣も自宅で洗濯する予定でしたが、脱いでみると意外と浴衣には汗が響いてなかったのです。そのかわり素肌に巻いたガーゼ布、綿とポリの長襦袢、腰ひも、伊達じめ、は汗ぐっしょりになっていました。

速攻でガーゼ布、長襦袢、腰ひも、伊達じめ、足袋を洗濯機に放り込んで洗剤入れてスイッチオン!「えーい、ついでに夏用の輪出しの帯揚げも汗まみれになってるから一緒に洗っちゃえー!」そう、調子に乗って洗濯機に投げ入れた私が軽率でした。すべて私のせいでございます。

ドッヒャーーーーーッ!やらかしたー!

FullSizeRender

輪出しの染料が滲んでワラワラになってしまった上に、白かった絽縮緬はすっかり黄ばんでしまい、帯揚げの幅も3分の2に縮んでもたーーー!(泣)

おまけに赤い染料が、一緒に洗った白物にうっすら色うつりして、惨憺たる状況。しばし茫然自失で、意地焼けたー(byたまさん)。

ああ、なんて馬鹿なことを。思いおこせばこの輪出しの帯揚げ、黒とか紺とか白の夏着物が多い私には、赤い絞りがアクセントになって重宝してたんだわ。もう15年ぐらい使ってるからくたびれてたけど、夏用では一番気に入ってたのに。確か京都の「ゑり」がついてる店で1万2千円で買ったのよ・・・うえーん、こんな姿にしてしまい、ごめんなさい。

FullSizeRender

しかしながら、この輪出しの帯揚げ、赤い絞りが10個も入っているにもかかわらず、いつも赤い部分が1個しか出せなくて苦労したわ。時にはまったく出せなかった日もあって、たんなる白無地の帯揚げになってましたわね。10個の絞りを全部隠せるなんて、私ってば逆に器用なのかもしれないと大いに悩んだものでした。(上の写真の帯まわりを拡大してみても赤い絞りが見えてませんね 笑)

ショックですが、またご縁がありますよう前を向いて歩くのみです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

京都の創作割烹で舌鼓

先月、豪雨のため川床料理を食べに行くのが叶わなかったので、改めて友人と京都にランチに行きました。今回は川床ではなく、京都在住のトップ着物ブロガー雅さんがご紹介なさっていた割烹「楽膳柿沼」さんに伺いました。(雅さんの記事をリンクさせていただきます)

熊野神社そば、丸太町通り沿いにたたずむ商家(元呉服屋)をリノベーションした大人に相応しい素敵なお店です。この日の京都も晴天で最高に蒸し暑く、滝汗💦覚悟で臨みました。有松絞り浴衣に絽綴れの九寸名古屋帯です。

お店の前で。iPhone撮影に不慣れな友人に「そこ、そこ、丸いとこ押して」と叫んでるトホホな写りです(笑)

IMG_0306

ゆったりとしたカウンター席に案内していただきました。お店の雰囲気、内装、人、器、お料理、すべてが清潔で端正で気持ち良かったです。さすが雅さんおすすめのお店でした。

IMG_0316

盛夏の季節感にこだわった美しい先附け。ほおずきの中に小さな押し鮨をしのばせています。お味も食欲がすすみ最高でした。

FullSizeRender

お料理の数々。京都らしい創作割烹を満喫しました。仕事柄(私も調理人)どうしても自分が中に入っている気持ちで、お料理や盛り付けを見てしまうのですが、素晴らしい。勉強になるのでまた伺いたいです。

FullSizeRender

トホホな着姿写真をもう一丁(笑)猛暑の警戒アラート真っ赤っかの中、汗対策をMAXにしたこの日のしつらえは、上半身素肌にガーゼ布ぐるぐる巻き、綿とポリのうそつき長襦袢へちまの帯板と帯枕を装備しました。(麻の長襦袢は、絞り浴衣にはすべりが悪いような気がして今回は止めました)

IMG_0308

結果は大正解でした。かつてないほど汗をかいた一日でしたが、上半身素肌にぐるぐる巻いたガーゼ布が汗をしっかり吸い取ってくれて、浴衣と帯を汗から守ってくれました。

あと私は夏場に着物を着ると、脱いだあと帯を巻いていた位置が赤く腫れて毎回かゆくなるのですが、今回はそれがありませんでした。ガーゼ布ぐるぐる巻きのおかげか、へちまの帯板のおかげか、それとも相乗効果なのかわかりませんが、とにかくうまくいった。夏に着物を着る自信がついたので来年は正絹の絽もチャレンジしてみたいと思います。

ところがうまくいったと喜んでいたのも束の間、帰宅して洗濯に大失敗(泣)。好事魔多しでした。その話は次回に致します。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村

材料用の宮古上布を買う

夜になっても気温が下がらないので、恐怖を覚えています。無論、エアコンは24時間フル稼働させていますが、高齢の母はあまり暑さを感じないらしく喉の渇きも訴えないので、一晩中(熱中症になってないかしらん)と気が気でない💦 朝、普通に起きてる姿を確認して、ようやく胸を撫で下ろしています。

日本列島の危険な猛暑、来週いっぱいまで続くそうです。どなたさまも体調を崩されませんよう、くれぐれもご自愛下さいませ。

さて、先だって古布の店で手に入れた2枚の宮古上布。あれから考えて、絣模様の女性用、ストライプの男性用、どちらも自分サイズに仕立て直しをお願いすることにしました。

絣模様のほうを着用したときの写真です。私にはちっちゃく、おはしょりは作れません。もう一枚のストライプも身丈が足りません。

FullSizeRender

そこで身丈を伸ばすために、帯下の見えない部分に継ぐ「足し布」が欲しかったので、ネットショップのシンエイさんで一番お安いお値段の宮古上布をさらに半額クーポンで購入しました。こちらを解いて、足し布ほか補強用の材料に使っていただく予定です。

FullSizeRender

男性用のストライプ柄で、身丈が130センチ台しかなかったので安かったのだと思います。よく見たら腰の部分に内揚げが10センチ以上ありました。別布の宮古上布が居敷当てで付いています。

FullSizeRender

相当、古いお品のようですが、糸はしっかりしています。大事に使わせていただこうと思います。

これで計3枚の古い宮古上布が手元にありますので、本来なら自宅で洗濯したいところですが・・・。仕立て直しの前に全部解いて湯のし? 砧打ち? してもらったほうがいいので、ここはプロにお任せしたほうが良さそう。この期に及んで私が余計なことすると必ず失敗する、どんくさいから(笑)


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村



記事検索
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 総勢30人!着物で南座歌舞伎へ!
  • 総勢30人!着物で南座歌舞伎へ!
  • 総勢30人!着物で南座歌舞伎へ!
  • 総勢30人!着物で南座歌舞伎へ!
  • 総勢30人!着物で南座歌舞伎へ!
  • 総勢30人!着物で南座歌舞伎へ!
  • 白大島に洋蘭の帯で国際親善協会の総会へ
  • 白大島に洋蘭の帯で国際親善協会の総会へ
  • 白大島に洋蘭の帯で国際親善協会の総会へ