2019年06月

続・和装の着こなしのヒントはキャビンアテンダントにあり

先日、母と一泊二日でソウルに行ってきました。私はソウルは初めてですが、30年ぐらい前に釜山と慶州に行ったことがあります。当時の私は現地で何度も韓国人に間違われていましたが、今なら絶対に間違えられることはないでしょう。なぜなら今の韓国女性はみんな美人だからね(笑)


ひと昔前の「つり目、えら張り」のイメージは、もはや若い人には無いようね。さすが美容大国、男の子も女の子もみんな陶器のようなつるりとした肌でスタイルも抜群、私には全員が韓流スターにしか見えませんでしたわ。


特に今回、大韓航空を利用したのですが、CAさんの美のレベルの高さに驚きました。私には全員がミスユニバースにしか見えませんでした。母も「綺麗ね〜、本当に綺麗」と絶賛しておりました。


FullSizeRender

スカイブルーとアイボリーの制服も爽やかで素敵なんだよね。ジャケット、ブラウス、スカート、パンツの組み合わせが何通りもあって、どう組み合わせてもシュッとしてる。

IMG_4233

髪飾りもシンプルなんだけど朝鮮王朝のイメージを彷彿とさせて印象深いです。この飾りは地上職の方もつけておられました。


しかし、今回もしみじみ思いましたね。以前、和装の着こなしのヒントはキャビンアテンダントにあり という記事を書いたのですが、大韓航空のCAさん全員そっくりそのまま、日本の着物を着せたら、日本人以上に着物が似合うんじゃないかなと思ってしまった。


黒い髪、黒い瞳、白い肌、赤い唇を強調する古典的手法の化粧だからね。まさにひと昔前、日本女性が着物を着る時に奨励されていたメイク法です。今では着物でもナチュラルメイクが主流になってしまいましたけどね。私はナチュラルメイクどころかノーメイクに近い。(画像はお借りしました)


ソウルの新羅ホテルへ

「母と一緒に月イチ遊ぼ」と題して、過去の親不孝の罪ほろぼしをしているわけですが、最近は近所のスーパー銭湯でお茶を濁しておりました。なので今月はちょっと遠出。一泊二日で韓国ソウルに行ってきました。

IMG_4159

ソウルといえば、街に繰り出してお買い物、グルメ、あかすりエステなどが楽しいと思うのですが、今回は母と一緒なので物見遊山は無し。新羅ホテルのエグゼクティブフロアでゆっくり過ごしてきました。


IMG_4048

このプランなら、モーニング、ランチ、アフタヌーン、ディナーと、ラウンジの食事がいつでもいただけるので、外に食べに行かなくても良いのですよ。足の悪い母にはとてもありがたかったです。


IMG_4229

お料理、景観、ホスピタリティ、すべて素晴らしい。大満足です。またソウルに行く機会があれば、新羅ホテルのエグゼクティブフロアをリピートしたいと思いました。

IMG_4041

部屋からの夜景も綺麗なので、夜遊びできなくても我慢できました(笑)

IMG_4102

美しいゲランスパにも入ってゆっくり過ごしました。しかしよく食べたわ。

FullSizeRender

母と一緒なので外出せず、お買い物もホテル併設の新羅免税店で済ませました。私も日頃のストレスを癒そうと、できるだけ疲れない旅になるよう心がけていたのですが。


ああ、それなのに。チェックアウト直前に、なんとクレジットカードを紛失していることに気付きました。おそらく免税店で失くしたのだと思うけど、探しに行く時間もなく、汗だくになりながら日本のカードデスクに電話して、カード使用を止めてもらいました。幸い不正利用は無かったのですが、気をつけていたのに失くすなんてショックだわ〜。この一件で、めちゃくちゃ疲れてしまい、何をしに旅に来たのやら(苦笑)

でも怪我も病気もせず無事に帰国して、母も喜んでくれたので良かったです。


努力と継続

今月から新しい仕事を任されているのですが、時間はかかるし、抜けはあるし、ミスもするしで苦戦しています。今の会社を辞めたいと思ったことは一度も無かったのに、さすがに今回は逃げたいと思いました。自分に適したもっと楽な仕事が他にあるんじゃないかと。


今日も今日とて胃がキリキリ痛むのをこらえ、ブルーな気持ちで仕事に取り掛かりました。あー、つらいつらい。が、どういうわけだか朝から物事がテンポ良く運ぶのです。今までわからなかったことも繋がって腑に落ち、疑問に思っていたことも丁寧に教えてもらって解決し、なんと初めて最初から最後までノーミスでうまくいきました。奇跡だわ〜。


まだ至らない点はありますが、自分的には山を乗り越えた感じがしてホッとしています。ずっと仕事のことで心晴れない日々が続きましたが、やっと平常心に戻れそうです。途中で投げ出さなくて良かったと思います。


しかし不思議ですわね。仕事にせよ、勉強にせよ、お稽古事にせよ、あきらめずに続けていたら、昨日まで全然出来なかったことが、ある日突然ポーンと出来るようになるものなんですね。物事を継続させることって、なかなか味わい深いです。


仕事終わりでお買い物。久しぶりに100円ショップをのぞいて、ヘアアクセサリーの類をいろいろ買ってみました。髪が伸びたら、あれこれ試してみようと思いましてね。

FullSizeRender

柄にもなくピンクのリボンて(笑)本当は黒が欲しかったけど売り切れだったので。

FullSizeRender

左端の2つの盛り髪ベースは100均ではなく、ドラッグストアで。これで絶壁アタマをカバーできるのでしょうか。

FullSizeRender

一番期待しているのは「シニヨンメーカー」。不器用な私でも、これでチョイチョイチョイとシニヨンができたらいいな〜。

ヘアスタイリングやセットは昔から大の苦手で、まったく出来ません。が、努力と継続が大事。あきらめずに続けていたら、ある日突然出来るようになることを期待しよう。


夏の黒着物は涼しげか

夏着物で一番大事なのは清涼感だと思うのですが、果たして夏の黒はいかがなものかと昨年手に入れた新古品の正絹絽の小紋を着てみました。サイズがピッタリで何よりでした。

水流のような、宇宙の惑星のような動きのある文様。今回は黒の麻長襦袢にして透け感を抑えてみました。

FullSizeRender

半衿は白の絽、帯揚げはグレーの絽、帯締めは黒のレースにして、色数が増えないようにしました。

FullSizeRender

夏帯は10年前に三越本店で購入したもの。作家さんの落款がありますが、漢字が難しくて読めない。

さて、夏の黒着物は涼しげか? という問いに対しては、きっと涼しげに見えるはずや!!!と私は信じます。ただし長襦袢は白にして透け感を出したほうがいいですね。

がっ、私の場合、髪型があかんくて却下ですな。見苦しく、暑苦しいことこの上なし。早く髪が伸びないかしら。


自撮りのススメ

自宅で着付けの稽古をしたら、着姿を必ずiPhoneで撮って記録しています。私が自撮りで使っているのは、1メートルほど高さが伸びるiPhone用の三脚。それとワイヤレスリモコンシャッターです。右手に持ってシャッターを押しているのがわかりますでしょうか。とても便利です。

FullSizeRender

2年ぐらい使ったワイヤレスリモコンシャッターが壊れたので、同じ製品を買い替えました。amazonで送料込み700円ぐらいです。(ストラップは別)

FullSizeRender

着物を着たら記録を残す理由は、客観的にコーディネートと着付けをチェックして、少しでも自分のセンスとスキルを磨きたいというのが1つ。そしてもう1つはいざという時に写真写りが良くなるための訓練なんです、これでも(笑)


よく実物はものすごく綺麗なのに、写真では今ひとつ魅力が伝わってこない人っていますよね。その逆で写真写りが実物より、なぜかいい人もいます。私が狙っているのはもちろん後者でございます。


私が思うに、どんな人でも場数を踏んで経験値を稼げば、コツがわかってきてどんどん写真写りが上手になると思うんですよね。芸能人やモデルさんがそう。普通の人より、写真に撮られる機会が圧倒的に多いから、自分の魅力も弱点も熟知しているし、キメ顔、決めポーズもお手の物。何より撮られ慣れてるから、緊張しません。リラックスした素敵な写真になるのだと思います。


芸能人に限らず、ブログやSNSをやっている私の友人達は、なぜか昔から顔出ししている人が多いんですが、さすがに10年近くも顔をさらしていると写真写りがこなれてきて、まるで芸能人の如し。集合写真を見ても、その子だけ笑顔が自然体で輝いてるんです。うらやましい。


というわけで、写真が苦手で逃げまわっている方にぜひ自撮りをオススメします。写真は公開しなくてもいいんです、撮られ慣れること、場数を踏むことに意義がある。





ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 今までで一番似合った奇跡の一枚
  • 今までで一番似合った奇跡の一枚
  • 今までで一番似合った奇跡の一枚
  • 今までで一番似合った奇跡の一枚
  • 守・破・離の精神で!
  • 50代の浴衣  私の場合
  • 50代の浴衣  私の場合
  • 50代の浴衣  私の場合
  • ロマンチックな男、現実的な女