2018年03月

着物グループに入るなら

私は学生時代から今まで、ずーーーーっと南佳孝さんのファンです。でも30代40代の頃は公私ともに何かとややこしく(笑)ライブに行く余裕がなくてね。50過ぎてからですね、じっくり足を運べるようになったのは。関西だけじゃなく、遠征もできるようになったことは、やはり大人になったなぁ〜と思います。

何度か一人でライブに参加しているうちに、自然とファン友達が出来て仲良くなりました。今では毎日1時間はグループラインで会話しています。

もちろんライブも一緒に参戦!

ポートピアホテル。



逗子サーファーズ。



お互い住んでる都府県も遠くてバラバラだし、南さんのファンであることしか共通点がないのに、えらい仲良くなったもんだ〜。

現地集合現地解散だったり、時にはライブ抜きでご飯食べに行ったり遊びに行ったり。4人揃ったり、3人になったり、2人だったり、いろいろだけど、自由で軽やかな雰囲気。グループ内で、派閥とか、仲間はずれとか、マウンティングとか、その場にいない人の悪口とか、無縁です。

きっと4人とも普段は1人で行動できるタイプだからかな。もしも私が着物グループに入るなら、そんなタイプの集合体がいい。着物好きで群れるのは私はいいと思うんですよ。だって楽しいもん。大事なのは個々の人間の質。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




白髪に派手なし

シフトを替わることになり、今日は突然のオフでした。何の予定も入ってないので、着付けの稽古をしてみました。今年初の着物です。自装も半年ぶり。

果たして着られるかどうか自信がなかったのですが、昨年後半はトルソーで練習したおかげで、手は覚えていました。そしてトルソーより人体のほうがごまかしが利くと思いました。

恥ずかしながら現実を見つめるために記録写真を。右手に持っているのは、スマホ用のシャッターボタンです。これ便利ですねぇ。



いよいよソメイヨシノも開花しますし、春の装いで。桜の地紋の珊瑚色の無地着物です。紫紺色の名古屋帯の刺繍は菊をモチーフにしているかもしれませんが、自分で勝手にタンポポに見立てました。



この色無地、ひとつ紋がついてるから訪問着と同格になるんでしょうけど、あえて紋は無視。名古屋帯でカジュアルダウンしました。



というのも昨年、京都の文字さんで仕立てていただいた黒の長羽織をコーディネートの主役にしたかったから。

昭和の黒絵羽の反物を長羽織に仕立てていただきました。こちらも本来は紋付にすべき反物ですが、あえてカジュアルに着るため紋は付けませんでした。



そして長羽織が八分丈と、かなり長めです。使い勝手が良さそうなのは膝丈あたりだと思いますが、どうしても私は長めにしたかったのです。フルレングスに近い長羽織に憧れてましたし、昭和の黒絵羽と差別化するためにも長くしたほうがいいかなって。

しかし黒ゆえにまるで学ラン。花の応援団みたいになってしまいました(笑)でも気に入ってます。



珊瑚色の色無地と黒絵羽。これぞまさしく、往年の昭和のお母さん方がこぞってお召しになった入卒式のテッパンコーデであります。このイメージから、なんとか切り離そう、差別化しよう、カジュアルダウンしようと躍起になっていた私ですが。



心配無用。誰もこんなまだら白髪のばーさんを、小中高生の若いお母さん方と間違えないって!(笑)

しかし派手すぎ若すぎの珊瑚色の着物も、白髪なら、どういうわけかへっちゃらに思えてくるのはなぜだろう。皆さん、白髪は無敵ですよ〜!白髪に派手なし。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


一緒にいるだけでいい?

呉服店・田園調布秀やの女将狩谷秀子さんのブログを拝読しています。昨年2月にお母様がお亡くなりになり、淋しそうなお父様を励まそうと、女将さん(娘)がとにかく一生懸命なんです。いつも心打たれています。

私もできるだけ母を元気づけようと、手を替え品を替え、美味しいものを買ってきたり、あちこち連れていってはいるのですが・・・。やはり時間はかかりそうですね。

今日は母と一緒にディズニーピクサーのアニメ映画「リメンバーミー」を観てきました。母がディズニー好きなのと、死者の世界に行く冒険物語なので楽しそうな(?)あちらの世界を見て、母が元気になればいいかなと。逆によけい落ち込むかもしれないと心配でもありました。賭けでした。



結果的には母は淡々と楽しんでました。父を思い出して最初から最後まで泣いていたのは私だけというていたらく。死者の世界の住人が皆ガイコツなところは、アニメといえど私どもには結構生々しかったかな(笑)良い作品でした。

同時上映で短編の「アナと雪の女王 家族の思い出」も鑑賞しましたが、こちらも私だけ滂沱の涙。泣く場面じゃないのに泣いとりました。



これも家族の話。「一緒にいるだけでいい」という台詞にグッときましたねぇ。

母を励ますためにいろいろやって、うまくいったり失敗したり。どうしたらいいんだろう、いっそディズニーランドにでも連れていく?なんて考えていたのですがね。

そうか、とりあえず一緒にいればいいんですね。というか一緒にいるのが一番か・・・。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



泥・藍・白をセンスアップ

札幌日和のamiさんが「七緒」の最新号を紹介されている記事を拝読し、私も購入しました。(リンクさせていただきます)

「七緒」の着付けムックは持ってますが、本誌を買うのは私は初めて。なにせJJが好きだったからJガールと勝手に名乗っている光文社好きですからね。光文社系の女性誌を読んできた着物好きは、なんとなく「七緒」の方向に向かわないような気がします。個人的には「七緒」って、ananとかオリーブとかクロワッサンのマガジンハウス系のイメージです。(七緒の発行元はプレジデント社ですが)



今回、購入した理由は、読みたい記事がたくさんあったから!興味あるワードが目白押しだったんです。

・大島紬おしゃれ計画
・私の㊙︎雨支度
・天草更紗の赤い糸(天草は母の故郷ですので)
・ショートと着物
・白髪と、あのひと

全部興味あることばかり。めったに着物雑誌を買わない私も、これは買うっきゃないっしょ!と思いました。

七緒のサイトより、目次見本。



今日、届いたのでさっそく読みました。特集記事の大島紬おしゃれ計画が特に良かったです。「泥・藍・白。たんすの1枚をセンスアップ」と題して、大島紬を今風にモダンにコーディネートする法則や、大久保信子先生による「すっきり着るコツ」など、実のある内容でした。

たんすの中に眠らせている泥・藍・白の、ひんやりした感触が懐かしくなり、早く着付けの稽古がしたい!とテンションが上がってきましたよ。

amiさん、教えてくださりありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村




奥順の結城紬の吉永小百合さん

母と映画でも見に行こうと思いまして、今週末公開の「リメンバーミー」のチケットを購入しました。あと、吉永小百合さん主演「北の桜守」もぜひ見たいです。涙腺決壊必至だな。

先日、ニュースウォッチ9に出演されてた吉永小百合さんの麗しいお着物姿に目が♡♡になりました。淡い無地の紬に白い帯で春を表現なさってますね。ともすれば物足りない、やや寂しげなコーディネートに奥ゆかしい知性を感じました。引き算の美学というんでしょうか。こんなふうに抑制されたコーデに憧れるけど、私にはとても出来ない。たぶん我慢できなくて、キテレツな帯を締めちゃう(笑)



70代の女性がお召しになる桜色の紬、本当に素敵ですよね。奥順さんの本場結城紬百亀甲だそうです。かっけー!

「北の桜守」の劇中でも、お召しになっています。


はああ〜本結城♡また熱が出てきたよ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

記事検索
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • ド派手な型絵染め紬で「みやび絆の会」へ
  • ド派手な型絵染め紬で「みやび絆の会」へ
  • ド派手な型絵染め紬で「みやび絆の会」へ
  • 一着あると便利な黒い普段着物
  • 一着あると便利な黒い普段着物
  • 一着あると便利な黒い普段着物
  • 一着あると便利な黒い普段着物
  • カーブスに通って1か月経ちました
  • カーブスに通って1か月経ちました