2017年10月

似たような着物ばっか!

先日、嬉々として購入した大島紬が届きました。

大島紬の「陽」に救われて

うれちいな♪ うれちいな♪ 期待で鼻を膨らませながら、たとう紙を開けてみたのですが。

うっ! 違う、違うよ!黒じゃないじゃん! 商品説明には黒と書いてあったから買ったのに、黒じゃないよ!ガクッ。

<10月24日追記 = 返品したので画像を消去致しました>

いえいえ、遠目には確かに黒に近いんです。ただ、織り方を見ると、藍色×黒色なんです。だから真っ黒じゃないんですよ。私が欲しいのは純粋の黒だったんでね・・・。思い描いていたイメージと違いました。

これは私の知識不足だと反省。黒一色の大島紬が欲しければ、大島は大島でも大島を選ぶべきだったんだよね。知らなかった〜。勉強になりましたわ!

<10月24日追記 = 返品したので画像を消去致しました>

欲しかったイメージとはちと違いましたが、仕立ても丁寧でなかなか良い着物なんですよ。サイズも合うし、八掛の色も良い。自分にはとても合う着物だと思います。はっきり言って、どストライクの着物なんです。

それなのに「返品しようか、するまいか」を迷っている私。



というのも同じような大島をすでに持っているから。既存のほうが柄が多くて、黒より藍が勝っていますが、似たような感じ。

はああ〜、またか。同じような着物を選んでしまって、うんざり(笑)まぁ、それだけ自分の好みど真ん中ということなんでしょうけど。

今回の着物も好きは好き。片方を単衣に仕立て直せば、問題ないんじゃね?

でも、本当に欲しかったのは純黒。今なら返品も出来る。

どうしよう、どうしよう。迷っています。結論が出ません。

(もし返品することになりましたら、画像は消去します)

追記 : ちなみに1枚目の画像、布だけを写すと白く光って色が正確に出なかったのですが、紙(今回は証紙の切れ端)を布の上に置いたら、なぜか正確な色に写りました。SNSやってる方の参考になれば!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村





優先順位が違います

先日、呉服屋さんが主催する着物コンテストのビデオを見せてもらいました。出演者はそのお店で着物と帯を購入した顧客です。パリコレのランウェイよろしく、スポットライトを浴びながら一人ずつステージへと歩く、まさに晴れ舞台といった感じでした。

さすがにみなさん、ウン十万、もしくは百万越えの高価で素晴らしいお着物と帯をお召しになっていて、本当に素敵だったのです。着物と帯が。

(なぜ? なぜなの?)

わたしゃ、映像を見ながら心の中で思いっきり叫びましたよ。

(そんな素晴らしいお召し物なのに、なぜ髪だけおざなり?)
(身内の会といえどもファッションショーなのに、なぜ美容院でセットしてこない?)
(着物と帯の百分の一の予算でいいから、髪に回せば良かったのに)

せっかく素晴らしい着物と帯なのに、なぜか皆さん髪だけ普段のまま手抜きしてはるんです。あんまりだ!と思いました。ご自分でセルフアップしている髪の長い方はまだマシ。ひどいのはショートカットの方たち。寝ぐせがついたままに見えるボサボサヘア、いかにもトリートメントしてなさそうな艶のない髪、洗いっぱなしで乾燥したチリチリパーマヘア。

ひどい、ひどすぎる。高価なお着物と帯が台無しだ!見てるこちらが涙目になりました。やはり一髪、二化粧、三着物ですよ〜。ハレの場でいちばん力を入れないといけないのは髪!優先順位が違います!

美容院でセットするまでもないショートヘア(ショートでもここぞという日は行った方がよいと思うけど)なら、なおさら日頃のヘアケアをちゃんとして髪質に気を遣わないとね。ドラッグストアに行けば、800円ぐらいからトリートメントが買えますやん。一本買っとけばショートヘアなら20回ぐらい使えるわけでしょ。トリートメント一回につき約40円でっせ。

100万越えのお召し物を着てる方々が、なぜ髪のための40円を出さない? (笑)

本当に本当に残念でした。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村







大島紬の「陽」に救われて

親のプライバシーでもありますし、あまり介護のことをブログに書かないようにしているのですが、それはもう毎日いろいろなことが起こります。前日まで体調が良かったのに、急に具合が悪くなるという頻度がだんだん狭まってきました。

今週は特に体調がすぐれず、私自身の予定もすべてキャンセル。親の体調も、仕事もプライベートも、思い通りにいかないことばかりで落ち込んでました。

今日はケアマネジャーの訪問日でいろいろと相談できたことと、詳しいお友達がラインで神アドバイスをしてくださったことで、かなり気持ちが落ち着いてきました。ありがたいことです。

で、そんな暗めの一週間だったので、熟考したうえで自分を鼓舞するために着物を買っちゃいました〜。はああ〜。

もう着物は増やしたくないって、言うてたのは誰ですか?もう袷は要らないって、どの口が言うてましたっけ?苦笑しながら、自分にツッコミを入れております(汗)

<10月24日追記 = 返品したので画像を消去致しました>

ネットショップで純泥染の大島紬の仕立て上りを見つけました。黒地に飛び柄で源氏車が描かれています。

実は黒地の着物は、結城紬で欲しいと考えておりました。最近は結城紬にばかり目がいってしまい、大島紬の良さをすっかり忘れていたのですが。

いやいやいやいや。やっぱり大島紬ってすごくいいですよね!軽くて雨に強くてシュッとしてて扱いやすい。何より布から放たれる「陽」のオーラが素晴らしい。南国生まれだからでしょうか、大島紬をまとうと、気持ちが明るくなるような気が致します。陰鬱とした気持ちを吹き飛ばしてくれる、あっけらかんとした陽のパワーを持つ着物だと思います。

そういえば、数年前に鹿児島に行ったときに驚いたことがありました。鹿児島駅の中心地にいたのですが、晴れていて太陽が出ているのに、アッという間に雨(スコール)が降ってきたのです。傘を持ってなかった私は大慌てでうろたえたのですが、鹿児島の人たちは誰ひとり慌てないんです。多少、雨が降っても傘をささずに濡れながら悠然と歩いてるんですよ。

どうやら、晴れてる日でも突然スコールに遭うことは日常茶飯事のようで、みなさん慣れてはるみたいでした。誰も「天気予報はずれた」なんて言わない。晴れも雨も共存させ、丸ごと受け容れる大らかさを感じました。

そんな土地柄で生まれたから、強さと陽気に溢れた着物なんでしょうね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

重要無形文化財伊勢型紙

先週、京都の文字さんのお店で開催された伊勢型紙の講演会に行ってまいりました。



当日の会場の様子です。染処古今 四代目の安江敏弘さんが伊勢型紙の語り部としてお話してくださいました。主題は伊勢型紙人間国宝三人衆(六谷梅軒、南部芳松、中村勇二郎)でしたが、染師の安江さん自身のお話が素晴らしかったです。15歳で島根から京都に来て、厳しい修行に耐え、幾多の苦労を乗り越えられた半生。胸を打ちました。

人間国宝伊勢型小紋の作品紹介

そして安江さんが図案を考え、中村勇二郎氏が型紙を彫った、伊勢型小紋の数々を拝見しました。

ご覧ください。細かい「母」と「父」の字が文様化されています。故郷の両親を想う安江さんの心がにじみ出ています。



皇室に献上された古代菊の柄です。左の小さな菊が皇后陛下、右の大きな菊が天皇陛下へ。精緻で端正な逸品にため息が出ました。



講演会を主催された文字さんのお召し物も、重要無形文化財伊勢型紙の四百選です。なんと一枚の着物に400の柄が彫られているそうです!



こんなに贅沢なのに、遠目だと無地に見えるところがクールですよね。大人です。かっこいい!

反物の地色も日本の風景にしっくり溶け込む色揃え。安江さんが過去100年間の人気色を独自に研究調査なさり、厳選したお色目ばかりだそうです。

何かと気忙しい余裕のない毎日ですが、良いお話、良いお着物を拝聴、拝見できて、豊かな気持ちになりました。ありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

雨の休日に想うこと

久しぶりに仕事の話をば。

出来るだけ長く働くため手に職をつけようと、50過ぎてから調理師免許を取りました。調理の仕事を始めて5年、今の会社で3年目です。親と同居するため実家に戻り、実家に近いからという理由だけで選んだ会社なので、長く勤めるつもりはなかったんです。いつかは独りになり、自分の家に帰ることになるだろうから。

食べ物を扱う仕事をしている方ならわかってもらえると思いますが、なぜか絵に描いたような意地悪な人が職場に必ず一人いるんです(笑)弱い立場の人間に目をつけ徹底的にいじめ抜きます。齢くってるのに新人の私はターゲットになりやすく、ずいぶんやられたものです。辛抱したり、時にはキレたりと、悩みながら、相手に対しての対処の仕方も覚えていきました。

この仕事をする限りは、辞めて次の職場に行っても同じ。どこに行ってもキツイ人は必ずいるものだとあきらめておりました。この4月に社内異動で新しいキッチンに移ったときも、うるさ型が多そうでかなり、かなり、警戒していたのですが。

ところが予想に反して優しい人ばかりで拍子抜けしました。この半年、一度も嫌な思いをしたことがなく、5年目にしてやっとストレスのない居場所を見つけることが出来たのはラッキーとしか言いようがない。奇跡だと思っています。上司や同僚に恵まれたこともあるのですが、5年目で自分自身がようやく及第点を取れるようになってきたからかなとも思います。今までは仕事が出来なさすぎた・・・。

今の職場は一時的のつもりだったのですが、出来たら一生おりたいとまで考え始めています。自分自身の住まいも売却して、こちらで終の住処を探そうかと。

日経ウーマンを読んでいると、これから日本女性の半数が90歳以上生きるそうです。長く生きるためにはお金が要ります。先は長い。フィナンシャルプランナーの方が「働き続ければ、老後は短くなる。定年後も働き続け、年金と今ある資産だけに頼る期間を、できるだけ短くして。どんなにお金があっても早期リタイアはおすすめしません」と書いてましたが、私もそう思います。 

頼れる夫も子どももいません。一日でも長く働けるよう健康に留意しようと、改めて誓った雨の休日です。


月曜なので、着付けの稽古。



今日は茶色の十日町紬の気分。茶色=お金なんですって。やっぱり(笑)



名物裂の名古屋帯。文様を調べてみますと、伊予簾緞子(いよすだれどんす)でした。紺、萌黄、白、茶などの縞に、宝尽文が織り出されています。はああ〜打ち出の小槌が欲しい(笑)



最初は苦痛だった着付けの稽古も、週一でも続けていると、だんだん慣れてきて楽しくなってきました。仕事と一緒だ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村
記事検索
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 夏が来たので浴衣にサンダル♪
  • 夏が来たので浴衣にサンダル♪
  • 夏が来たので浴衣にサンダル♪
  • 夏が来たので浴衣にサンダル♪
  • 着物を脱いだ後の片付けは一気に!!
  • 着物を脱いだ後の片付けは一気に!!
  • 好きなのに敬遠してしまう夏帯
  • 好きなのに敬遠してしまう夏帯
  • 好きなのに敬遠してしまう夏帯