来月、初めてきもの文化検定を受検するので、3級、4級、5級向けの問題集を解いています。最初こそ、きちんと机に向かってノートに答を書き、答え合わせして間違った箇所をテキストで確認していましたが・・・。今ではソファにダラーンと腰掛けてテレビを見ながら、おやつをぽりぽり。すごい格好で問題集をめくっています。母から「着物を着る女性とは到底思えない」と呆れられております(笑)

FullSizeRender

検定日まで、あと40日かぁ。今日まで3級の最低合格ライン(70点)を目指してましたが、考えてみたらオッチョコチョイであわて者の私が70点目指して70点取るのは難しいんじゃないの?  70点取りたければ、90点いや満点目指すぐらいじゃないと届かないのとちゃいますやろか?

というのも時々ひっかけ問題もあるんですよね。まんまとひっかかる私は、そのたびに(うまいこと出題してはるわぁ〜)と感心してしまいます。


【ひっかけ問題  その1】
本場大島紬の生産地はどこか次の中から選びなさい。
(1)鹿児島県のみ
(2)鹿児島県と熊本県
(3)鹿児島県と宮崎県
(4)鹿児島県と沖縄県

奄美大島だから沖縄やん!とひっかかった私ブッブー。正解は(3)です。


【ひっかけ問題  その2】
帯結びの中で男性が用いる結び方を次の中から選びなさい。
(1)二重太鼓
(2)角出し
(3)片ばさみ
(4)立て矢

角帯と混同して角出しと答えた私、ブッブー。正解は(3)でした。


【ひっかけ問題  その3】
次の色のうち、歌舞伎役者に因んだ色でないのはどれですか。
(1)芝翫茶
(2)団十郎茶
(3)海老茶
(4)路考茶

正解は(3)です。海老茶が海老蔵さんを連想させますが、ブッブー(笑)


ところで、きもの文化検定を受検する方に朗報です!「きもの文化検定の勉強を楽しくサポート!」と題するめちゃくちゃありがたいサイトを見つけましたよ♪


出先でテキストを持ってきてない時や、ちょっとした空き時間にスマホでちょこちょこ勉強できて具合いいんです。実際私も覚えるのに悪戦苦闘していた平安時代の襲色目を、こちらのサイトのおかげで楽しく覚えられました。サイト主のNoe様に御礼申し上げたいと思います。