東京で購入した黒捌きの芳町下駄のその後です。二枚歯の裏とつま先部分にすべり止めのゴムを貼りました。私は自分でようやらんので、ショッピングモールのなかにある靴修理のお店でお願いしましたよ。

FullSizeRender

この下駄は晴雨兼用ですが、時雨下駄として雨降りの日に履きたいので、透明ビニールの爪革も併せて買いました。


透明の爪革は鼻緒が見えるところが気に入っているのですが、他に個性的な爪革も欲しいと思いましてね。私もがんばって手作りしようかどうか迷っていた時に、京都の工房でめちゃくちゃ可愛い爪革を製作されていることを知り、一目惚れしてしまいました♡♡♡

こちらの工房さんです ↓

さっそく先日、京都に行った時に工房にお邪魔しました。千本丸太町のバス停から徒歩3分の京町家にありました。

IMG_4992

オーナーはオーダーメイドで靴や革製品をつくっておられる萩原弘之さん。私よりはるかにお若い知的で凛としたたたずまいの方でした。

IMG_4993

工房内のお写真を撮らせていただきました。素敵な空間です。

IMG_4994

そして私が一目惚れした爪革です。雨に濡れても大丈夫な防水加工を施した皮革だそうです。赤く見えるかもしれませんが、実物は茶色です。可愛い。

これらは見本なので、注文に応じて製作してくださいます。私は迷った末、無地をお願いしてきました。

IMG_4996

今回は工房に直接伺いましたが、実はこちらの爪革、祇園の履物屋「 ﹅や 」(ちょぼや)さんで扱っておられるそうです。そちらからもオーダーできます。

なーるーほーど!  この爪革どこかで見た記憶があると思っていたのですが、そういえば祇園の芸妓さんが南座で履いてはりましたわ。 「﹅や」さんは芸舞妓さんが行くお店だものね。納得。

私には縁遠い「はんなり」領域にうっかりと踏み入れてしまった(笑)出来上がるのが楽しみです♪