東日本のほうは肌寒いぐらいだそうですが、大阪は曇り空で蒸し暑いです。なので着付けの練習に浴衣を着ました。竺仙の綿絽、白地に千鳥と流水。帯はクリーム色の博多紗献上。帯揚げは納戸色の絽、帯締めは悉皆の文字さんが選んでくださった渡敬さんの亜麻色のレース組み。


FullSizeRender

いっとき、浴衣を着物として着ることにこだわっていた時期があって、この浴衣もわざわざ広衿に仕立てて居敷当てまで付けてもらいました。が、今はちょっと後悔。この文様はやはり浴衣向き。浴衣は浴衣として、バチ衿で仕立ててもらえば良かったと思います。バチ衿なら、長襦袢を着なくても、衿芯を入れられるから。私は浴衣にも衿芯を入れたい派なんです。

FullSizeRender

ちなみに昨年、同じ浴衣を長襦袢を合わせて着物として着てみたのが下の写真。綿絽に長襦袢、暑苦しそうですね。実際暑かった。もう二度とこの浴衣は着物として着ない(笑)

IMG_0337

あと、浴衣にも私は必ず足袋を履きます。これは足を怪我しないよう保護するため。浴衣に足袋を履くと粋な雰囲気とかけ離れてしまいますが、足元が無防備だと私は怖いのです。