ソウルから帰ってきた翌日から、G20大阪サミットが開催されたり、新しいレシピに変わったりと、早出と残業続きで怒涛の忙しさでした。肉体労働なので本当に身体がきつくて毎日ヘトヘト。早く年金もらってフルタイムから外れたい、60歳から年金をもらえた世代が本当にうらやましい〜と毎日思ってましたよ。

私自身はこれからも長く働きたい(目標70歳、できれば75歳、理想は80歳まで)と望んでいるけれど、仕事がきつくて、とてもじゃないけどフルタイムは勘弁してほしい。一日働いて一日休むペースにしたいわ、などと毎日心のなかでぼやいておりました(笑)


そんなわけで、前から私は吝嗇家だったけれど、最近ますます吝嗇に拍車がかかったように思います。きっつい仕事で得た血と汗と涙の結晶であるお給料を10円たりとも無駄にしたくない!という思いが強くなる一方ですわ。


いや、吝嗇というより、お金を大切にしていると思っていただけたら。大きなお金でも出すべき時は気持ちよく出して、小さなお金でも納得できないことには使いたくないと思います。だから安いからという理由だけでネットのリサイクル着物を博打買いするのは、最近はセーブしてるんですよ。安くなくてもこの目で納得して買いたい。だって年金をもらうまでは10円たりとも無駄にしたくないから(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今日は公休日で自宅でぐったりしていたのですが、京都の悉皆の文字商店さんからお荷物が届いて狂喜乱舞♪  お仕立てとお直しをお願いしていた着物と帯が届いて、盆と正月とクリスマスが一気にやってきた感じ。嬉しくて仕事疲れがいっぺんに吹き飛びました。お願いしたのは以下にリンクした7点です。


FullSizeRender

もう〜〜〜めちゃくちゃ幸せです♡念願の初めての雨ゴートはマイサイズでぴったりだし、片貝木綿のブロックチェックの柄合わせもバッチリ、古い反物で仕立てた長羽織もこれ以上好みの羽織は無いのではないかと思えるほど好きだし、100パーセントあきらめていた色無地のシミも綺麗にとれました。ううう、嬉しくて(涙)

その上、私が驚いたのはお値段の安さ。今回私がお願いしたのは、

◯雨ゴートのお仕立て
◯片貝木綿反物の水通し
◯片貝木綿反物を単衣着物にお仕立て
◯仮絵羽の羽織を袷の長羽織にお仕立て
◯長羽織の筋消し
◯大島紬の八掛交換
◯真綿紬の八掛交換
◯色無地のシミ抜き
◯色無地の裄出し
◯名古屋帯のお仕立て


これだけお願いして10万円出して諭吉のお釣りが来るなんて、安いと思いませんか? (いや、決して文字さんのまわし者で宣伝して書いてるわけではありません。京都の名門悉皆さんでお高いイメージなのに良心的で、驚いて本音で書いてます)


悉皆さんを通さずに、和裁士さんやシミ抜き屋さんや染め屋さんに直接お願いしたほうが安いんじゃないかと考えたこともあったけど、文字さんの場合はなぜか文字さんを通したほうがお安くなることが多々あるみたいですね。それはきっと、京都の着物プロデューサーとして長年築いてこられた職人さんとのネットワークと、地場産業にかかわってこられた実績と信用の賜物なんでしょうね。いやあ、びっくりしました。

これには吝嗇な私(お金を大切にしてると呼んで  笑)でも大満足です。クオリティも価格も絶大なる信頼を置いています。