たんす屋さんの催事があったので行ってまいりました。いつもの如く、増えすぎた帯を下取りして金券を頂戴して買い物してきました。私が持っていない紫系の帯揚げ二枚を購入できて満足です。いつもたんす屋さんには感謝しています。


IMG_3649


用事を終えて帰ろうとしたら「結城紬をご覧になりませんか」と声を掛けられました。なんと本場結城紬の有名メーカーの名物販売員の方がいらしてました。なぜお名前を知っているかというと、仲良しのお金持ちの奥さんがその名物販売員さんから結城紬をたくさん購入したことを聞いていたからです。


「見せてもらうだけですみません」と前置きしてから、地機の本場結城紬だけじっくり見せていただきました。うーん、やっぱり素晴らしい。本結城さえあれば、他に何もいらないとすら思えます。憧れが強すぎて、とてもじゃないけど冷静でいられません。


一番高価な300万円の総柄亀甲の反物を見せていただいて、ハッとしました。私が持っているリサイクルで買った単衣の結城、もしかしたら地機なんじゃないかな、と。なんか亀甲の不揃いで素朴な感じが良く似てると思ったのです(希望的観測)。


FullSizeRender


私が持っているのは未使用未着用の白地に赤のつぼたれ模様の着物なのですが、証紙がなくて割印だけあります。


FullSizeRender


高機でも充分嬉しいけど、地機だったら本当に嬉しいです。名物販売員さんが来られることを知っていたら、残布を持っていって鑑定してもらえば良かった。番号が書かれている「こより」が付いているので、その方なら生産者さんまでわかるんじゃないかな。


でもタダで鑑定だけしてもらうって、こう見えても私、出来ないんですよ。たんす屋さんで何か買い物をしないと悪いと思ってしまうのです。気が小さいのです(笑)