裄出しをしてマイサイズになった手描きの鴛鴦(おしどり)の付下げで着付けの稽古をしたかったのですが、まだ身体が痛くて叶わず。代わりに今日はコーディネートを考えてみました。


鉄錆御納戸色というのでしょうか。緑がかった暗い青。好きな色です。


IMG_0264

真っ先に浮かんだのは、四季花の膨れ織の名古屋帯。ダークカラーに白の帯はテッパンだし、無難ですよね。帯揚げは鴛鴦から色を拾ってオレンジ、帯締めは引き締めカラーの茄子紺で。


FullSizeRender

季節花の帯を合わせて「枝垂れ桜に鴛鴦」「牡丹に鴛鴦」「藤に鴛鴦」というのもテッパンですが、それは次の機会に。


今日はなかなか出番がない、糸巻きをモチーフにした塩瀬の染め帯を取り出してみました。チョイ野暮で気に入っている帯です。


FullSizeRender


まずはマゼンダのほうを。御納戸色の補色(反対色)がマゼンダなんだそうです。なんか昭和っぽいベタなコーデになりそうで気が進まなかったのですが、なかなか可愛いですね。色数が増えないように帯揚げを白、帯締めをマゼンダにしました。


FullSizeRender

そして御納戸色の着物に御納戸色の帯という同色系コーデ。帯揚げをブルーグレー、帯締めを白。はい、こちらも色数を抑えています。


FullSizeRender

着物のコーデを組み立てる時、いつも念頭に置いてしまうのが「余分な色が入ってないか」「もっと引き算できないか」「どうしたらスッキリするか」という考えなので、ワンパターンでつまらないかもしれません。正直言うと、帯揚げも帯締めも白が一番良いと思ってるぐらいです。


盛るという思考はないですね。着物コーデは物足りないところで抑えます。なぜなら着る人間(私)の容貌が充分個性的なので(笑)