父が存命の時は時短勤務にしてもらっていたので家で過ごす時間も多かったのですが、2月からフルタイムに戻ったので仕事の拘束時間が長くなり、疲れます。時間的なこともそうですが、時短勤務の時は免れていた業務が一気に下りてきて・・・毎日新しいことを覚えないといけないので、すぐ覚えられない頭のかたい私にとっては緊張の連続でして。はああ〜、早く慣れてしまいたい。緊張せずにチョチョイのチョイと出来るようになりたいわ〜。

そんな疲れる毎日を癒してくれるのが着物。毎晩、箪笥を開けて手持ちの着物や帯を眺めています。

ところで、「きものと日々の徒然」がっきーはんさんのブログで、袋帯の芯を抜いた記事を拝読し、おおお、素晴らしい!と感嘆しました。(リンクさせていただきます)

私の家にも、かたいかたい袋帯があるんです。右側の薄緑のほうです。お人に誂えてもらった大切な帯なのですが、かたくて重くて締めづらくて。悩みの種だったんです。



これ、帯芯抜けないかな、といつも思ってましたが、自分で抜けるとは知らなんだ!恥ずかしながら袋帯の芯って、全部解かないとはずせないと思い込んでたんだよね。仕立て直しになると。

がっきーはんさんの記事に背中を押していただき、私もチャレンジしてみました!



幸い、芯が縫い付けられているのは手先とたれ先だけでしたので、5分でスルスルッと抜くことができました。



両端を糸で閉じて完成! わーいわーい、身体に吸い付くようなしなやかな帯に変身。これは締めやすそう。好きな帯のかたさです。



「帯芯は入れるべき」というご意見もあり、長い間迷っていたけれど、はずして良かった。ぐーんとこの帯が身近になりました。

考えてみたら、帯芯を入れるも入れないも、その帯の素材によって違いますよね。芯を入れたほうが締めやすい帯と、入れないほうがいい帯がある。もちろん各自の好みで決めたらいいんですよね。

なんだかわけのわからない呪縛から解放された気分です。帯だけじゃなく、頭もかたかったというお話(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村