今日は友人のお買い物に付き合って、アウトレットモールに行ってきました。ちょうどセール中でしたので、ランバン好きの友人はランバンのトップスやボトムスをバンバン(韻を踏んでます)お買い上げ。私はといえば、何か欲しいのがあれば買ってもいいかなと思っていたのですが、結局ナイキのソックスを三枚だけ。

魅力的なブランド洋服が満載の環境なのに、一枚たりとも欲しいとは思いませんでした。ホント、全然欲しくなかった。途中でどっかに帯揚げ売ってないかな〜と思ったぐらい。完全に着物沼にハマってしまってますわ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、今夜はとても蒸し暑く、大阪は今年初の熱帯夜になる模様です。いよいよ夏着物の季節ですね。夏といえばいいですよね〜、日本の浴衣。もともと私が着物にハマったのは、40歳で竺仙(ちんちくりんのせんのすけ)の浴衣に出合ったことがきっかけなんです。

初めてつくった竺仙浴衣は、白地の綿コーマで藍の千鳥と流水。帯は博多織の半幅帯。博多半幅帯は献上柄よりも一本独鈷を表に出すほうが好みです。9年前の古い写真ですが、今見ても好み、大テッパンコーデ!昔から、自分にとっては浴衣は藍白に限る、帯は博多に限ると頑固に考えていたのですが、今もその思いは変わりません。



どんなに綺麗な色の浴衣を見ても、素敵な素材の夏帯を見ても、「藍白に博多」は揺らがなかったです。もちろんお人が綺麗色の浴衣をお召しになっているのを見るのは大好き♪ とてもオシャレだと思います。

昨年は、白地の綿コーマの乱菊、博多の八寸帯を太鼓に締めて、盆踊りに行きました。母から「地味すぎておばあさんみたい。あっ、おばあさんだった」と言われたコーデです(笑)



今のところ浴衣を新調する予定はないですが、もしつくるなら次は藍地かな。綿コーマでも綿絽でもどちらでも。柄は鯉の滝登りがいいなぁ〜と思っています。



この場合、帯はもちろん博多の紗献上です。白の八寸帯があるので、いつか合わせてみたい。合わせるまでもない、王道の組み合わせなので合うに決まってますけどね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村