こんな楽しいこと他にある?

佐藤チアキ先生の上布お買い物講座の午後の部はいよいよ実践編。先生が一番気に入っておられる古布、古着物のお店「唯屋(ただしや)」さんにご案内していただきました。

リサイクル店といっても、一保堂など老舗が連なる京都寺町美術通りという由緒正しい場所にあるし、お店の人も目利きの気難しい方なのでは?と思いこんでおりました。私には敷居が高くて、とてもじゃないけど一見ではまたげそうもないと。今回、チアキ先生のご紹介がないとよう行かんかったと思うわぁ。ありがとうございました。

FullSizeRender

が、出迎えてくださった店主のなおみさんが猫好きのホンワカした優しい雰囲気の方だったので、緊張感が一瞬で飛んでいきました。全然こわくなかった!(笑)また伺います!

こじんまりとした店内に600点もの着物、帯、和小物が。すべて店主のなおみさんの目利きでセレクトされた「ちょっと前の手仕事」の確かなお品ばかり。さりげな〜く芭蕉布がぶら下がっていたり、砧打ちした宮古上布の反物が転がっていたり、お宝に囲まれて身悶えしてしまいました。

IMG_5018

まるで宝探し!みんな初対面なのにすっかり打ち解けてワイワイと。なんとチアキ先生が、ミニ顔診断で私に似合う着物の傾向を教えてくださったのですが、マジ的確や〜と思いました。なんで私のことそんなにわかるん?とおののきましたもん(笑)

最後に唯屋さんの前で記念撮影。

IMG_5019

今回は拝見するだけのつもりでしたが、はい、しっかりと紙袋を持っております。中身はこちら。ブルーグレイの生紬の単衣です。

FullSizeRender

よく見ると、メダカが泳いでます。水色の春単衣が欲しかったので、とても嬉しいです。

FullSizeRender

好きなこと勉強して、美味しい物食べて、お買い物して。こんな楽しいこと他にある? 同じ講座にもう一度参加したいぐらいです。(お写真はチアキ先生のブログからお借りしました。ありがとうございました)


チアキ先生の上布講座

10月にきもの文化検定を受検する予定で、染織について少しずつ勉強しています。今さらながら知らなかったことだらけで、着物のことを知れば知るほど、着物の買い方間違えてたかもと痛感してました。


むむむ、間違えてたというより、ステージがひとつ進んだゆえの「無知の知」だと都合よく解釈しておこう(笑)


それはさておき、着物を見たときにズバッとその着物が何であるか、産地はどこか、わかるようになったらどれだけいいだろう。着物の買い物にかんする失敗の大部分が、購入する側の知識不足に起因するような気がするんだよね。呉服屋さんのセールストークを鵜呑みにしてしまい、後からしまった!と後悔することにならないよう、買う側も見る目を肥やしておくことが大事なのでは・・・。


そんなことを感じていた矢先、佐藤チアキ先生が『麻上布の見分け方と見つけ方』という講座を京都で開催なさることを知り、「これだ!」と申し込みました。万障繰り合わせて、万難を排して参加してまいりました。

FullSizeRender

教材はすべてチアキ先生の私物です。越後上布、小千谷縮、宮古上布、能登上布、八重山上布、近江上布、芭蕉布、正絹ちぢみ、マンガン染め捺染・・・名前は知ってるけど、どれがどれだかまったく見分けがつかなかった私。最初は恥ずかしながらチンプンカンプンでした。


が、一枚一枚拝見し、触らせていただき、拡大ルーペで繊維の組織を確認していくうちに。なんと二時間後には、見分けがつくようになったんです!上布をパッと見ただけで、おそらく◯◯上布だろうとわかるようになりました。


すごい収穫でした!本当にありがたいです。

IMG_4941

講座の後は、お教室の隣にある「膳處漢ぽっちり」(ぜぜかんぽっちり)というチャイニーズレストランに移動してランチ。元呉服商の持ち物だったという瀟洒な洋館造りで素敵でした。

IMG_4978

内装は京町家、和風なので、着物で行くとフォトジェニックで最高です!

FullSizeRender

美味しいお弁当をいただきながら、チアキ先生を中心に着物談義が弾みました。(皆さまに写真掲載の許可を取らせていただいてないので、ぼかしを入れました)

IMG_5010

午後からは、先生御用達の寺町美術通りにある古布、古着物のお店に連れていっていただき、そちらもめちゃくちゃ楽しかったのです。改めて書きますね。







京都にて嬉しいツーショット

いつも素敵なコーディネートで「いいなぁ〜」とひそかに心酔していた佐藤チアキさんの講座に参加するため、京都に行ってまいりました。

初めましてのツーショットです。

IMG_4982

台風接近のため雨が降るだろうと予測して雨仕度をしていたら、朝から最高気温36度のピーカンだったので慌てました。いったん単衣の着物を取り出したのですが、やっぱり本麻のほうが良かろうと白い着物に戻しました。コーデの組み立てが迷走してしまって、朝からバタバタ。結局バリバリの盛夏スタイルになってしまいました。せめて長襦袢を濃い色にしたら、秋の風情が漂ったかもしれません・・・。


しかもこの白い着物、10年前につくった時に「縞上布」という証紙が貼ってあったので、私はてっきり麻だと思い込んでたのです。でもなんかちょっと違うような気がしたので、今日、チアキ先生に「この着物、麻ですよね?」とお尋ねしてみたのです。

「これは・・・ひょっとしたら絹かもしれないですよ」
「いや、証紙は麻100パーセントと書いてあったんですぅ〜」
「そうなんですか」
「でも麻100パーセントのはずなのに、なんか違うような気がして・・謎なんです」


そんなやり取りの後、帰宅してもう一度しっかり証紙を見たら、なんと「絹100パーセント」と書いてあったので仰天しました。商標が「縞上布」なので、てっきり麻100パーセントだと勝手に思い込んでいたみたいですね。大勘違い!10年間、一度も自宅で洗濯しなかったことは幸いでした(笑)


一目で絹と見抜いたチアキ先生、さすがです。ものすごくタメになった先生の講座についてはまた明日♪





ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 着物雑誌たっかー
  • 着物雑誌たっかー
  • 着物雑誌たっかー
  • ねえや、ばあやの着物の行方
  • ねえや、ばあやの着物の行方
  • ねえや、ばあやの着物の行方
  • 私が着物を好きになった理由
  • 私が着物を好きになった理由
  • この半襟がいちばん好きだ