ライブ参戦 〜 マチス柄に興味津々

毎夏恒例、私にとって年に一度、唯一のリクレーション行事に今年も参加してきました。神奈川県逗子海岸のレストランsurfersの南佳孝さんのライブです。

IMG_4858 
大阪は曇天だったのに、すっごくいい天気!海も空も眩しいほど青くて最高のロケーションでした。

IMG_4877

日本各地からファン仲間が集結。ライブは夕方からだけど、早めに行ってランチして気合いを入れる(笑)

IMG_4868

ライブ良し、天気良し、ロケーション良し、お料理良し、仲間との語らいも楽しく、思い出に残る一日になりました。

IMG_4925

また来年も行けたらいいな〜。それを目標に健康に留意して、仕事に家事にがんばろう!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ライブ会場に行く前、少し時間が空いたので市民図書館に行って涼んでおりました。そこで『昭和のキモノ』(小泉和子著、河出書房刊)という本を読んでましたら、興味深いことが書かれていました。昭和30年代の日本で「マチス柄」と呼ばれる抽象模様の着物や帯が流行したのだそうです

マチス柄というのは、フランスの画家のアンリ・マチス(アンリ・マティス)のことですね。恥ずかしながら、マティスの名前は知っててもどんな画風かイマイチよく知らなかったので、画像検索してみたらば。

IMG_4926

ゲッ!まさにこれからライブを聴きに行く南佳孝様のCDアルバムのジャケットの画が、アンリ・マチス(アンリ・マティス)でしたわ。このアルバム、持ってるっちゅーのに知らんかったとは。トホホ。

それはともかく、昭和30年代に流行した「マチス柄」ってどんな柄だったのでしょうね。ときたま昭和のリサイクル名古屋帯に「これはなんじゃ???」と首をかしげたくなる意味不明な抽象柄を見かけることがあるけど、ひょっとしてそれが「マチス柄」ですかね?←結構好き(笑)

興味津々です。昭和30年代のマチス柄の着物や帯をお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひブログにアップしてくださると嬉しいです!よろしくお願いします!


晴雨兼用の下駄を誂えました

この週末は東京に行ってました。上京したらぜひとも訪ねてみたかった、みーさんおすすめの丸屋下駄店さんに行くことが叶いました!

北品川、旧東海道の品川宿の商店街にあります。羽田空港からアクセスが良く、行きやすかったです。年季の入った店構え、只者ではない雰囲気が漂います。

IMG_4842

店内には所狭しと鼻緒と台が並んでいます。

IMG_4847

日本各地の染織物が並んでいて壮観でした。この中から一本選ぶの迷う〜。緊張しました。

IMG_4844

私が欲しいのは時雨下駄です。あつみさんもこちらで黒捌きの芳町(よしちょう)の時雨下駄を誂えておられた記事を読んでおりましたので、私も倣せていただきました。

黒捌きの芳町の台に、直感で好きと思った遠州木綿の鼻緒を選んで、さっそくその場ですげていただきました。私は下駄でも足袋を履くので、足袋持参で足に合わせてもらいます。

IMG_4846

ものの5分で完成。足を入れてみると、吸い付くようにフィットして、めちゃくちゃ快適なんです。もちろん痛みなんて皆無。みーさんもお書きになってるように素晴らしい職人技だと惚れ惚れしました。

FullSizeRender

丸屋さんは裏金をつけない主義だそうですが、私もあつみさんと同じように裏金をつけてもらいました。それと私も、二枚歯の裏に滑り止めのゴムを自分でつけようと思います。

FullSizeRender

赤の前つぼ、淡いグレーの遠州木綿の鼻緒にしましたが、後に友達に見せたら「地味ね〜」と言われてしまった(笑)。でもあっさりして、まさに江戸の粋だと思うんだよね。先日つくった紗のちりよけ兼雨ゴートにも馴染むし。

IMG_4916

これからフルレングスでコートに仕立てたい反物にも違和感なし。ただ今回は馴染み系の色を選びましたが、まったく真逆の主張する色を足元に持ってきてもお洒落だと思います。

IMG_4915

爪革は鼻緒を見せたいのでオーソドックスな透明ビニールに。今回は晴雨兼用として鼻緒は木綿を選びましたが、あつみさんのようにエナメルにしたほうが時雨下駄としては安心ですね。

IMG_4920

お値段もリーズナブルなので、違うパターンで何足もつくりたくなります。あかんあかん、今度は下駄沼にはまりそう(笑)

お店を教えてくださった、みーさん、あつみさんに感謝します!記事もリンクさせていただきありがとうございました。


結城紬を着て柔らかくしてみた

ひょっとしたら、地機の本結城かもしれない・・・と希望的観測を持っていた単衣のリサイクル着物。先日、下の記事を読んでくださった結城紬にお詳しい方から「たぶん本結城だと思います」とご連絡をいただきました。ううう、嬉しくて涙目になっています。




その方がおっしゃるには、「バリバリでかたいのなら結城で湯通ししなかったせいかしら。結城で湯通ししても最初はちょっと硬い感じですよ。3年もお召しになればそれなりに柔らかくなります。のりが違うので産地で湯通ししないと柔らかくなるどころかバリバリになりまるで裃のようになります」とのこと。そして「できるだけお召しになって柔らかくしてください」と貴重なアドバイスをいただきました。ありがとうございました。


アドバイスに従いまして今日一日、おうち着物として初めて着用してみました。

FullSizeRender

最初は裃のようにバリバリで着姿も膨らんでましたが、着ているうちにだんだん馴染んできて身体に沿ってきました。これが結城紬の醍醐味なのね!感激しました。


ただし、サイズは合っていません。身丈は腰紐を下のほうで結んでギリギリおはしょりが作れたものの、裄は5センチぐらい短い。麻長襦袢が袖からおもいっきり飛び出してます。

FullSizeRender

袖丈も長い、身幅も狭いので、やはり洗い張り〜仕立て直ししようと思います。衿も広衿にしたいですね。ただ、昔の幅の狭い反物みたいだから、裄をたくさん出すのは難しいかも。袖にハギを入れることは出来るかな?

FullSizeRender

そして単衣にするか袷にするか、迷い中。今のところ、袷にしようと思っていますが、とりあえず保留です。最初は単衣にしてシャキッと感を楽しんで、ある程度柔らかくなってきたら袷に仕立て直すのが良いらしい・・・。


着物自体は、赤の亀甲だけど遠目からは柔らかいピンクに見えて、なかなか良いと思いました。ダークカラー、無彩色に偏っている私ですが、女性らしい暖色を身につけるとやっぱりウキウキします(笑)
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 作為的な着付けに疲れた?
  • 作為的な着付けに疲れた?
  • 作為的な着付けに疲れた?
  • きもの文化検定まであと40日
  • 裄出しか仕立て直しか、どっちにするかが問題だ
  • 裄出しか仕立て直しか、どっちにするかが問題だ
  • 裄出しか仕立て直しか、どっちにするかが問題だ
  • 裄出しか仕立て直しか、どっちにするかが問題だ
  • 縁遠い「はんなり」に踏み入れてしまった