都会的な八掛

数日前から右足の薬指だけ紫色に腫れて痛いのなんのって!これはいったい何だろう、どこか内臓が悪いサイン?と調べてみて判りました。どうやら「しもやけ」のようです。

「しもやけ」にはビタミンEが効くらしいので、さっそくサプリメントを買ってきました。

ビタミン不足みたいですので、着付の稽古もビタミンカラーを取り入れてみました。泥藍大島紬にアンティークの琉球紅型の九寸帯。元気が湧いてくるコーデです。

FullSizeRender

帯締めと帯揚げもパキッとしたビタミンカラーで。

FullSizeRender

久々に大島紬を着ると、軽くて着やすい!と思いました。八掛を赤から青に替えてから初めて着たのですが、外から見えない部分なのに自分の心持ちが全然違います。赤い八掛も悪くないと思ってましたが、着物と同色系の青に変えただけで(どやさ〜都会的やんかいさ〜)と恍惚状態になってしまいました。

都会的な人が、しもやけ? 早よ治そ(笑)

メガネのせいで着物を嫌いにならないで

先日ニュースを見てますと、女性がメガネをかけて就業するのを禁じている職場があることを報じてました。おもに着物が制服の和食店に多いらしいのですが、笑止千万です。

禁止の理由に「メガネが落ちて異物混入する」「メガネ越しにお客様を見るのは失礼」などと屁理屈を並べてますが、それなら男性も禁止にしないとおかしいはず。和食店で着物を着て働く女性に、日本酒のCMみたいにお酌してくれそうな女優さんの幻想を重ねたいのかな?

まぁ、そんなことにいちいち目くじら立てずに、着物にメガネ普通にかけてます。だって見えないんだもん。

FullSizeRender

かくいう私も最初は「着物にメガネ、違和感あるかな? 変かな?」と気にして着物の時だけコンタクトレンズ入れてました。でもそれが苦痛でね〜。このままだと着物が嫌いになると思ったので、コンタクトはやめました。

FullSizeRender

もちろん、着物にメガネは美的観点からちょっと・・・と考える女性もいらっしゃるのは当然。各人の事情と嗜好で、メガネをかけようがかけまいがそれぞれの自由でいいと思います。

しかしながら、もしメガネのせいで着物を着ることにハードルを感じている女性がいるのなら「全然そんなことないですよ!!!」と声を大にして言いたい。礼装でも訪問着でも胸を張ってメガネをかけていいんですよ!着物に合うエレガントなメガネを探すのも楽しい着物ライフのひとつだと思います。


カッコよさを狙うと逆にカッコ悪くなる

「ふだん着物辞典」のhiroさんが、着物初心者の男性向けに書かれたアドバイス記事を興味深く拝見しました。(記事をリンクさせていただきますね)



hiroさんが着物初心者の男性に提唱しておられる項目は以下の通り。


1.  基本は紺、グレー、黒、ベージュしか着ない。
2.カラーを基本1つに統一。
3.着物、羽織は基本無地。
4.  他の色・柄を入れていいのは小物のうち1つだけ。
5.帽子、シャツ、靴を使わない。


なるほど勉強になります。確かに「やらない」ほうが女性ウケするように感じますし、個人的にも好ましく思います。(男性が着物に帽子、シャツ、靴を合わせるのは好きですが)

そしてhiroさんの記事で、もっとも私の心に刺さったのが、

男のファッションの難しさは「カッコよさを狙うと逆にカッコ悪くなる」こと。

という一文です。アチャー!!!男性ちゃうけど思わず、自分自身に置き換えてしまいました。

FullSizeRender

2年後、還暦になった暁には黒留袖を着たいと夢を描いておりますが(おひとりさまの留袖計画)けっして私が背伸びして樹木希林さんを狙いますまい。樹木希林さんのスピリッツに敬意を表するのはいいけれど、アバンギャルドの素地のない私がいきなり樹木希林さんを狙うと撃沈すると思いますのでね(笑)

自分の個性で堂々と着よう。

ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 小紋と羽織を試着
  • 小紋と羽織を試着
  • 小紋と羽織を試着
  • 小紋と羽織を試着
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡