色半衿に開眼

綿レース着物を注文したキモノモダンさんで色半衿も購入してみました。ボリューム感がある綿レース着物には、インパクトがある半衿のほうがバランスがいいと考えたからです。

色無地をカジュアルダウンさせたい時も使いたいと思いましてね。

FullSizeRender

長い間、白衿派で来ましたが、せんりさんの色半衿を付けて以来、色半衿の良さに開眼しました。衿に色や柄があると、なんだか襟元がぬくい感じがして安心感があります。色半衿で他人様からオシャレに見られたいというより、自分自身がリラックスして心地よいのです。

FullSizeRender

もちろんシャキッと背筋が伸びる白衿も好きです。改まった席には白衿で行きたいと思います。

刺繍の半衿も欲しいので、次はひめ吉さんの狙っている半衿を購入したいです。楽しみだな〜。





広衿は得? バチ衿は損?

完全オフ日の今日は母と一緒に「アラジン」を観てきました。平日なのに混んでいて、ヒットしているようですね。ディズニー映画は必ずと言っていいほど動物がいい仕事するので楽しいです。


帰宅したら、キモノモダンさんで注文した木綿レース着物「ハナミズキ」が届いていました。ヤッター!

FullSizeRender

私が選んだのは今年の新色ミント。思ったとおりシャビーシックな味わいがあって、好みです。

FullSizeRender

木綿レース着物で生地に穴が空いているけど地厚なので盛夏には暑いと思います。単衣というより、むしろ袷の季節のほうが向いているような気がしました。着用は来春までお預けになるのを承知で購入。おそらく来年この色の販売は無いような気がしたからです。


すごーく気に入って嬉しいのですが、ひとつだけ課題が。この着物のお仕立て、キモノモダンさんがバチ衿を推奨されているにもかかわらず、私が広衿仕立てでお願いしたんですね。そしたら衿の厚みが結構すごくて。地厚の木綿レースが幾重にも重なってモコモコなんです。衿だけ真冬という感じ。うーん、やっぱりバチ衿にすれば良かったかな。


広衿にするか、バチ衿にするか。いまだに自分でも迷うことがあります。昔は「バチ衿のほうが着付けがラクでいいやん!」と思っていたのですが、そうとは限らないと気付いたのです。


というのも、先日着てみた本塩沢の単衣がバチ衿で襟元が浮いてしまって困りましたので。最初は本塩沢がサラッとしていて身体に沿わないからだと思い込んでたのですが、原因はバチ衿だからではないかと。←着付けも下手だけど。

FullSizeRender

デコルテが貧弱な身体ゆえ、バチ衿のほうが着付けが難しいのではないかな、私の場合。自分の体型と着付けスキルには広衿のほうがごまかしが利くような気がします。


あとね、なんとなく「広衿のほうが得、バチ衿は損」というセコイ考えの持ち主でもありまして。「広衿とバチ衿、どちらにしますか?」と訊かれたら、広衿にしとかないと損するような気がしてならない。セコイ(笑)


いやあ、今回の木綿レース着物にかんしては、バチ衿にしたほうが良かったかもしれません。適材適所で、何でもかんでも広衿にすればいいってものじゃないですね。勉強になりました。



ワードローブの弱点

ひょっとして、もう梅雨入りしたのでしょうか? 最近の気象庁は梅雨入りも梅雨明けも昔ほどはっきりと宣言しなくて、わざとモゴモゴしている感じ(笑)


こちらは今日の夕方、大雨でした。雨が降ったあとは風がひんやりして気持ちいいですが、降る前の蒸し暑いことったら!仮に今日着物着て出かけるなら、麻がいいと思いましたね。たとえば下の写真のような。

FullSizeRender

この写真は盛夏のコーディネートとして昨年の7月20日に撮ったものですが、体感的にはまさに今、一ヶ月以上前倒しで着たいぐらいです。

FullSizeRender

長襦袢も麻、着物も麻、帯も麻、半衿と帯揚げは絽、帯締めも夏仕様。

FullSizeRender

それで思ったのですが、旧来の着物の衣替えルールをすっ飛ばして、体感で着物を選ぶとしたら、私の場合は袷→いきなり薄物なのではないかと?  頑張って単衣を増やしてきたけど、どちらかというと単衣より薄物を増やしたほうが良かったんちゃう?(まだわかりません)


とりあえず、恒例のワードローブの覚え書き。洋服は数を増やしすぎて失敗しているから、着物はわりと神経質に精査しています。


<着物 袷>
・訪問着 辻が花
・江戸小紋 萌葱
・色無地 珊瑚(染め替えを検討)
・大島紬 白
・大島紬 藍(八掛交換中)
・真綿紬クリーム色梅柄(八掛交換中)
・真綿紬 黒 
・付下げ 香色 白樺 
・色無地 黄色(シミ抜き中)
・総柄小紋 茶色 
・結城縮  黒

<単衣>
・浜紬 生成色
・十日町紬 青
・十日町紬 利休茶
・江戸小紋 濃鼠
・本塩沢 白
・結城縮 こげ茶
・結城紬 つぼたれ(袷に直したい)
・片貝木綿 紺 チェック(仕立て中)
・木綿レース ミント色(仕立て中)

<夏物>
・本麻 白
・ポリエステル小紋 白地小花柄
・紗 付下げ 濃紺 
・駒絽小紋 黒

<羽織物>
・白大島の道行
・朱色の道行 
・朱色と灰の横段道行(裄出ししたい)
・黒の長羽織 袷
・黒の長羽織 単衣
・クリーム色の絵羽羽織(仕立て中)
・黒のポリ紗  雨ゴート(仕立て中)

<未仕立て>
・雨コート反物 茶色(手放す?)
・ポリ反ブルーストライプ(手放す?)
・黒の紗の羽尺(手放す?)
・黄色&グレーの着尺
・横双の白大島着尺(手放す?)
・ボタニカル柄の着尺
・グレーホワイトの着尺 
・黄色の絞りの羽織(仕立て直したい)
・緑の羽尺 NEW(仕立て直す?)
・モスグリーンの着尺
・草木染  紬の着尺 NEW


単衣の数が飛躍的に増えました。が、どちらかといえば秋単衣ですわ。補強するとしたら、春から夏にかけて気温や湿度が高い日に着られる薄い木綿、または上布(麻)がいいかも。そこが自分のワードローブの弱点だと思います。
ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 夏の黒着物は涼しげか
  • 夏の黒着物は涼しげか
  • 自撮りのススメ
  • 自撮りのススメ
  • 裏を表にしたくなった
  • 裏を表にしたくなった
  • 裏を表にしたくなった
  • 裏を表にしたくなった
  • 裏を表にしたくなった