中村美律子さんのかぼちゃの着物

先日、歌番組で中村美律子さんが「かぼちゃの花」という新曲を歌っておられたのですが、お衣裳を見て思わず身を乗り出してしまいました。

なんと歌のタイトルに合わせた、かぼちゃのお着物ですよ!



前身頃に、かぼちゃの花。右袖の外側には、かぼちゃの実。

すっごく素敵!こういうお着物、大好き!とってもクールだと思います!



しかも帯まで、かぼちゃ尽くし。どんな帯か見たくて、ネットで画像検索してみました。残念ながらお太鼓は判りませんでしたが、おそらく大輪のかぼちゃの花が華やかに描かれてるんでしょうねぇ!



中村美律子さんのかぼちゃの着物を見て、改めて感じました。

着物って自由で素晴らしい!!!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


 





この羽織の模様は何!

昨日、気に入った羽織の反物を見つけたことを書きました。長羽織にして、袷で、羽裏はあの生地を使って、羽織紐はこれで、と期待は膨らむばかり。ホント楽しみ。早く仕立てに出したい・・・。

ところがその後、またオークションで見つけてしまったのですよ!さらに好みを上回る反物を!

なんだこれ? 葦? 麦? 稲?(笑)



昭和40年代の黒羽織全盛の羽尺だと思いますけど、葉っぱだけの模様ってすごく珍しくないですか?

それにしても何の植物だろう。おそらく五穀豊穣を意味する「稲」だと思うんですけど、それならどうして米がたくさん実った秋の稲穂を描かなかったんだろうね。どう見てもこれは夏の稲だよね(稲だとしたら)。

でもめちゃくちゃ気に入ってます。私、どちらかというと花より葉っぱのほうが好きなんですよ。



しかしこの模様が夏の稲だとしたら、それこそ羽織に仕立てても、着用時期が難しいのではないかしらん?袷の時期には合わないんじゃないか?

いえいえ単衣でいいから、羽織に仕立てたいと思います。模様がおもしろいから長羽織にはこだわりません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


 



欲しくてたまらぬ長羽織

そろそろ羽織ものを脱ぎたい季節になりつつありますが、羽織のお話です。

何を隠そう今、私が一番欲しいのが羽織!!!それも今流行りの長羽織が欲しくて欲しくたまらないのです。で、最初の一枚は黒地にしようと心に決めてました。

ある日、オークションサイトを眺めてますと(苦手といいながら結構見てます)昔の黒絵羽織の羽尺が廉価で出品されてるんですねぇ!いかにも昭和の入学式、PTAみたいな絵羽模様が多いなか、これだ!という羽尺を見つけたので、ソッコー落札!!!(笑)

古典柄で好みです♡



ところがよく考えてみたら、昔の羽尺って丈が短いやん! え? 9メートルって? 長羽織って9メートルしか無くても出来るんだっけ?

予感的中。調べてみると昔の羽尺では長羽織は出来ないことが判明!ましてや私、身長169センチ。絶対に無理。

そこで、もう一本、大あわてで羽尺を落札!もうシッチャカメッチャカ!(笑)



羽尺二本で18メートル!これだけありゃあ、長羽織できますやろ。願わくば、残布で名古屋帯も作れたら嬉しいんですけど・・・。

一本目の模様は長羽織に使って、二本目の模様は名古屋帯に出来たらいいな〜。素人の頭で皮算用してるけど、うまくいくかどうか。早く悉皆さんに相談したい!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


 

 

ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 着物雑誌たっかー
  • 着物雑誌たっかー
  • 着物雑誌たっかー
  • ねえや、ばあやの着物の行方
  • ねえや、ばあやの着物の行方
  • ねえや、ばあやの着物の行方
  • 私が着物を好きになった理由
  • 私が着物を好きになった理由
  • この半襟がいちばん好きだ