小紋と羽織を試着

晴れて空気がピリッと冷たく乾燥している今の時季は、絶好の着物日和。虫干しを兼ねた着付の練習もやりやすいです。

今年手に入れた茶屋辻の小紋を初めて着てみました。サイズが合ってなくお目汚しの着姿ですが、仕立て替え前の試着ということでご容赦を。

FullSizeRender

身幅も身丈も裄も窮屈で、自分が太ってしまった錯覚に陥り、凹みました。やはりサイズは大事。

帯はブラウン系の正絹しじら織。帯揚げは焦げ茶と煉瓦色のツートンカラー、帯締めは焦げ茶の冠組。

FullSizeRender

そして手描きの椿の羽織も試着。こちらも裄がかなり短いのです。でもすごくいい生地で高級感があって、着ていて気持ちが豊かになります。

FullSizeRender

この羽織は長羽織にせずに、このままの丈の方がいいと思いました。裄だけ出します。

FullSizeRender

今年はアウターを強化するのが目標でしたので、柔らかい雰囲気に変身できそうな(笑)羽織を手に入れられて嬉しいです。




そんなに可愛くなかった♡

先日の繰り回し(グリーンの長羽織をどうするか)問題について、実際に着用して考えてみました。

まずは自分には可愛いすぎる(幼すぎる)と思っていた縮緬の仮絵羽ですが、久しぶりに見ると写真よりかなり渋い色だったことが判明。

FullSizeRender

特に、辻が花調の赤い模様の色目が、赤というより茶色で、そんなに可愛くなかった(笑)。気に入った!(なんや私にいけるやん。ぜひ仕立てたいわ♡)と一転して復活。

FullSizeRender

続いて、アンティーク縮緬錦紗の男性長襦袢を羽織として試着してみました。むむむ、地色は深みのあるこっちの方が好きだぞ。やっぱり私はこっちかなぁ。

FullSizeRender

熨斗目もおもしろいし、羽織丈を思いっきり長くして、ロングカーディガン感覚で気軽に羽織るのもいいかもと、こちらも気に入りました。

FullSizeRender

ちなみにもう一枚の人絹の長襦袢は、自分で解いてしまったので、試着できず。ただ生地が薄いから、やはり表着には向いてないような気がします。

FullSizeRender

(本日の結論)同じようなグリーンの縮緬ですが、上の二枚とも仕立てたくなりました。というのも同じ縮緬でも、一越と錦紗では重量が違うので、着た感じも全然違うのです。錦紗のほうが薄くて軽く、着る季節もかぶらないと思います。

FullSizeRender

着物は利休茶の十日町紬、帯は名物裂間道の九寸、帯揚げは青と紺、帯締めは黄色の唐組でした。

繰り回し大好き

着物好きのお金持ちの奥さんが、インターナショナルスクールに通うお孫さんを迎えに行き時間があったので、船場センタービルに寄ってこられたそうです。

「ちょっとJガールさん、船場って呉服屋さんがたくさん並んでて楽しい所ねー。思わず道中着と帯を買ってしまったわよ」
「ほうほう、良かったですね。ぜひ今度見せてくださいねー」
「でもね、驚いちゃった。渡◯の帯締めも気に入ったのに、おまけで付けてくださらないの。あたくし着物を買って小物を付けてくれない店、初めてでビックリしたわ」
「ええーっ!その発言こそビックリ!(笑)」

どうやら奥さん行きつけの呉服屋さんでは、着物をつくるたびに帯締めや帯揚げをおまけで付けてもらえるらしい。どおりで一緒に買物に行ったとき、目の色を変えて帯締めや帯揚げを物色している私を、不思議そうに眺めておられたわけだ。奥さんにとっては和装小物はおまけで自動的に付いてくる物という認識のようです。逆に言うと、どれだけ着物の代金に上乗せされてるんだろう〜って思いますけどねっ。へいへい、庶民の戯言でございますよってに(笑)


そんな庶民で吝嗇(お金を大切にしてると呼んで)な私ですから、繰り回しが大好き。無い知恵を絞って、手持ちの材料を無駄なくうまいこと有効活用できないか考えています。

今、考えているのが、グリーン系の羽織をどうしようかということ。最初はこちらの未仕立ての縮緬羽織を仕立てようと考えていましたが、ちょっと可愛いすぎる? 可愛いくない私にはちっとも似合わないんじゃない?

FullSizeRender

実は上の羽織を仕立てるために羽裏として用意したのが、下のアンティークの人絹の男性用長襦袢。はっきり言ってこちらのほうがだんぜん好みなんだわー。入っている色も模様も全部好き。裏地にするには惜しい。むしろこちらを羽織の表として仕立てたいぐらい。

FullSizeRender

さらにもう一枚。やはり羽裏用に買ったアンティーク錦紗縮緬の男性用長襦袢も、捨てがたい。モスグリーンの地色も好きだし、冊子文様も好き。何より、私が憧れている熨斗目様式ですやんか!こちらも裏地にするには惜しく、なんとか表着に出来ないだろうか。

FullSizeRender

はっきり言って、一枚目を裏にして、二枚目と三枚目を表にして仕立てたいぐらいです。裏勝りの表層化(笑)

果たしてアンティークの人絹と錦紗の長襦袢をうまいこと長羽織に出来るのだろうか。一人で案ずるより、悉皆さんに相談したほうがいいですね。

ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 小紋と羽織を試着
  • 小紋と羽織を試着
  • 小紋と羽織を試着
  • 小紋と羽織を試着
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡
  • そんなに可愛くなかった♡