熨斗目訪問着の誂え①

3月に入りました。とりわけ今年の冬は寒さが厳しく長かったので、弥生という優しい語感にホッとする思いです。でもコロナ感染が終息するまでは、まだまだ気を抜けませんね。

さて、長年私が「いつか着てみたい」と憧れていた熨斗目の着物についてです。

熨斗目の着物って、デパートや大手呉服店で見たことないし、ネットでもまず販売されてないけど、いったい何処で買えるんだろう。そしてもし作家さんに製作してもらうなら伝手の無い私は誰に相談したら良いんだろう、とずっと思っていました。

とはいえ、それはまだ先の話のつもりでした。iDeCoが満期になるか年金を貰える年になってからのお楽しみにしようと漠然と考えていたに過ぎず、まさかこんなに早く熨斗目とのご縁が出来るとは思ってもみませんでした。

きっかけは昨年12月の佐藤チアキ先生主催の「花織の会」に参加させてもらったことでした。チアキ先生が懇意になさっている呉服問屋さんで、首里花織、読谷山花織などの琉球の作品を見せていただく会にうかがいました。

FullSizeRender

すばらしい作品をたくさん見せていただきました。この日の「花織の会」のことを、書かれたチアキ先生の記事です。

花織も素晴らしかったけれど、生まれて初めて足を踏み入れた京都の名門呉服問屋さんの雰囲気も素敵でテンション上がりっぱなしでした。素人の私が入れないような異空間に入れていただき、チアキ先生に感謝しております。ありがとうございました。

チアキ先生にいろいろお話を伺っているうちに、こちらの問屋さんはしゃれものに強く、花織だけでなく日本全国の紬を扱っておられ、いろいろな作家さんを支援されているとのこと。着物雑誌に出ている、あの作品もこの作品も、こちらの問屋さんのプロデュース作品だと知り驚きました。


そして私が憧れている熨斗目の着物をイチから誂えることも可能で、なんとチアキ先生が窓口になって相談に乗っていただけるとのこと! 今まで、出来上がりの反物から着物を仕立ててもらうことはあっても、何もない白紙状態から着物を誂えることは人生初の経験だし、おそらく最後になるかと思います。そんな大それたこと一人じゃ心細くて恐ろしいけど、チアキ先生がそばに付いてくださるのなら安心! 


染織の知識が豊富で、趣味が良くて誠実で、理論的にアドバイスしてくださるチアキ先生ならお任せできる。これは願ってもないご縁です。せっかくのチャンス、iDeCoとか年金とか先延ばししているうちに齢を取って私自身の残り時間が少なくなってしまうぞ。 誂えるなら今しか無いんじゃね? だって今から頼んでも一年ぐらいかかりますよね。動くなら一番若い今、今しかない!(笑)


まさしく天から降ってきたご縁だと確信した次第です。ということで現在、熨斗目の訪問着の誂え企画が進行していて、ちょくちょくブログに書いていくつもりです。次からは作家さんのこと、デザインのこと、そして色決めのことなど書いていこうと思います。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村







長い着物人生のなかで

先日、おかんさんとお会いした日は朝から緊張していました。なぜなら、おかんさんは私の和髪の師。師匠にお目にかかるからにはヘアスタイルをピシッと決めていきたい。そう考えて、朝からホットカーラーで巻いて、ワックス、ジェル、スプレーを駆使して、スタイリングに臨んだのですが。

まさかの失敗。なぜか少しも上手く行かなくて、心折れて早々にあきらめてしまいました。時間もないので結局ポニーテールに。トホホ(泣)

しかしながら、カーラーで巻いたりスプレーで艶出ししたのが功を奏したのか、シニヨンみたいな雰囲気にまとまったような気が致します。おかんさんにも前髪の流れがうまくいってると褒めていただき嬉しかったなぁ〜。

FullSizeRender

「着付けだけでも必死なのに、その前にセルフヘアセットという高いハードルが立ちはだかり、しんどいです。またショートヘアに戻そうかと思う事あります」

思わず弱音を吐いてしまった私に、おかんさんがこう仰ったのです。

「うん、いいんじゃない。貴女の着物の趣味にはショートヘアが合うし、貴女自身もショートが良くお似合い。いつかまたショートに戻しはったらよろしいわ。でも長い着物人生のなかで一度ぐらい、髪を伸ばして和髪に結っている時代があると楽しいですよ。きっとよい経験になります」

はあああ〜、おかんさんさすが♡ そのお優しいお言葉で、また頑張ろうと思い直しました😭 ありがとうございました。

さっそく、なんばウォークにある桂やさんにGOしました。普通に地下街にある化粧品店ですが、実はプロ御用達のお店です。演劇関係者、舞踊関係者、芸能人が買いに来ますし、大劇場の楽屋にも出張販売しています。

IMG_4185

はい、こちらで川村かつら謹製の毛たぼを購入しました。おかんさんは黒、私は茶色です。

FullSizeRender

よっしゃあ! 念願の毛たぼを手に入れたので、頑張って髪を伸ばそう! 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村





着物デートに百貨店が良い理由

大人気ブロガーのおかんさんとご一緒させていただき、楽しい時間を過ごしてきました。おかんさんも今日の記事に書いてくださっています。

前回に難波でお会いした時は私が舞い上がって、ウロウロ歩いたあげくレトロな喫茶店にお連れしてしまい狭いのなんのって(笑)女性同士着物で行くお店は、大箱でゆったり座れるお店のほうが良いなと痛感しました。

今回は高島屋のなかで過ごして大成功でした。やっぱり百貨店って何でも揃っていて、お買い物できて、ゆったりして、高級感あって、アクセスが良く、店員さんが親切で、雨にも濡れず、化粧室も綺麗で、めちゃくちゃ快適空間! 

呉服売り場を見て、美術画廊を拝見して、展覧会の催事を巡ったあとは、広々とした休憩スペースにて着姿まで撮影できました。

FullSizeRender

もちろんランチとお茶も館内のレストランで。名店揃いなので、どこに入っても間違いないですよね。

IMG_4176

食後に屋上庭園を散策して。

IMG_4184

着物で出かける場所や目的を無理やり考えなくても、デパートをフル活用すれば良いと思いました。お友達同士でも一人でも、着物で自然体にふるまえる楽しくて便利な場所。なにせ元々が呉服商なのですから。

FullSizeRender

おかんさんの辻が花の小紋と、梅の羽織が春らしくてすっごく素敵でした!

私もこの日は梅柄の十日町紬に、糸巻きが抽象的に描かれた塩瀬の染め帯で。

FullSizeRender

マゼンタ色の帯に、マゼンタ色の貝の口浮舟のぶっとい帯締めがポイントです。普通カジュアルな装いにボリューミィな帯締めは締めないと思うのですが、どうしても私は締めたかった。自己満足の、ひそかなこの日の主役でございます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

還暦着物好き日記 - にほんブログ村


ランキングに参加してます♪
ギャラリー
  • 熨斗目訪問着の誂え①
  • 長い着物人生のなかで
  • 長い着物人生のなかで
  • 長い着物人生のなかで
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由
  • 着物デートに百貨店が良い理由